ガラケーのメールをGmail(スマホ)へインポートする方法、VMGファイル→EMLに変換など

公開日: : ソニー

auのガラケーGratina 2からソフトバンクの「Xperia XZ」に機種を変更しまして、値下げ条件としてガラケーを下取りに出すため、ガラケー時代のezwebメールをGmailに保存することにしました。

IMG_4308

ガラケーのメールをGmail(スマホ)へ移動

手順1.ガラケーのメールをSDカードへ保存する

はじめにauガラケーのメールを確保します。

まずGRATINA2本体にSDカードを差し込み、メールメニューからバックアップを実行、「送信」と「受信」フォルダで別々にSDカードへ保存することができました。

IMG_4311

上図の「microSDへ保存」を選択、メールはVMGファイル形式で保存されます。

写真なども同じような方法でバックアップ可能です。

手順2.VMGファイルをEMLファイルに変換「VMGtoEML2」の使い方

保存されたVMGファイル形式ではメモ帳やテキストエディタはもちろん、メーラーなどからも読み込むことはできません。そのため、メールアプリなどで広くサポートされているメールファイル形式「EMLファイル」へ変換します。

ファイル形式を変換するために古くからあるフリーウェア「VMGtoEML2」を利用します。Vectorからダウンロードしました。→VMGtoEML2(Vector)

「VMGtoEML2」は直接ソフトを起動するタイプではなくインストール型、Windows 10でも問題なく動作しました。

VMGtoEML2

「VMGtoEML2」の使い方は簡単、先ほどバックアップしたVMGファイルのあるフォルダを選び、出力先のフォルダを選んだら「実行」を選択します。

手順3.EMLファイルをGmailにインポートする

最後の手順ではブラウザ「FireFox」またはメーラー「thunderbird」からGmailにアクセスする必要があります。いずれもアドオンをインストールするのですが、最初に試した「FireFox」では失敗したので「thunderbird」における方法を記録します。

「thunderbird」がインストールされていることが条件となりますが、下記リンクよりアドオンをダウンロードします。

http://nic-nac-project.de/~kaosmos/mboximport-en.html(ページ最下部のDownload ImportExportToolsより入手可能)

「thunderbird」の”ツール”→”アドオン”からXPIファイルをドラッグアンドドロップしてインストールしたら準備完了です。

今回インポート先としてガラケー専用のフォルダ「GRATINA2(送信トレイ)」を作成、そこからメニューで下の画像のようにしてEMLファイルをインポートします。

tabkul.howto-20170629

しばらくするとメールが読み込まれ、件名が表示されていきます。これと同じ操作を「受信トレイ」のファイルで行えば完成です。

これでGRATINA 2をソフトバンクへ持って行くことができます。

Xperia XZのレビューや格安スマホ化など記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

プレステ5は2020年末に発売へ、二つの重要なイノベーションを発表 #PS5

ソニーは10月8日、「プレイステーション」の次世代機について名称が

ソニー『Xperia 8』発表、21:9画面で2アプリ同時操作や2眼カメラなどスペック・価格

ソニーモバイルは10月7日、6インチで21:9という特徴のディスプレイ

ソニーがSIMフリー版『Xperia Ace』を発表、MVNO各社から販売へ #発売日 #スペック

ソニーおよびソニーモバイルコミュニケーションズは9月24日、5イン

→もっと見る

PAGE TOP ↑