『Android 8.0 Oreo』発表、起動時間短縮やPinP機能など

公開日: : Android

Googleは米国時間8月21日、モバイル端末向けOS『Android 8.0 Oreo』を正式に発表しました。今回お菓子名は「オレオ」、直前にリークされたドロイド君の姿も確認できました。

Android-8.0-Oreo-07

Google、『Android 8.0 Oreo』発表

「鳥か?飛行機か?違う、Android Oreoだ」というメッセージとともにヒーロー風の動画も公開された『Android 8.0 Oreo』は見た目のUIではなく、起動速度やアプリのログイン作業を改善といった使い勝手の向上が行われています。

Android-8.0-Oreo-06

起動時間の短縮・バッテリー駆動時間の向上

Android-8.0-Oreo-02

Google Pixelを使ったテストでは、従来比2倍の高速起動を実現、バッググラウンドで動作するアプリへの処理を改善し、バッテリー消費を抑えることができるようになりました。

オートフィル機能でアプリのログイン改善

Android-8.0-Oreo-03

ブラウザで使われているログイン時のID/パスワードを自動で入力するオートフィル機能がアプリにも対応、面倒な手入力から解放されます。

ピクチャーインピクチャー機能

Android-8.0-Oreo-04

予定を確認しながらビデオチャットを行ったり、ウェブサイトを見ながら関連動画を見るといった作業を実現する小さな小窓で映像を確認できるピクチャーインピクチャー機能が追加されました。

他にも通知方法の追加や新しい絵文字などが加わっています。

Googleは米国時間8月21日にAOSP版「Android 8.0 Oreo」を公開、その後は「Pixel」「Pixel XL」「Pixel C」「Nexus 6P」「Nexus 5X」「Nexus Player」への提供が開始される予定となっています。

また、ソニーやシャープなどの端末は2017年末までにアップグレードされる予定としています。

前回の記事で登場したリーク画像へ
まもなく発表の「Android 8.0 O」はOREOか、Orelleteか―イメージ画像が登場

Source:Android O

よく一緒に閲覧される記事

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

→もっと見る

PAGE TOP ↑