Alexaが使える10インチの『Fire HD 10』と『Echo Show』を比較

公開日: : Amazon Kindle

先日Alexa機能が追加され新たな可能性が開かれた10.1インチ『Fire HD 10』とAlexa端末として最も高価な10.1インチ『Echo Show』を比較、どちらが買いなのか考えてみたい。

※2機種ともタイムセール祭り対象アイテムで『Echo Show』は4/20限定で特価、『Fire HD 10』は4/23まで特価となっている。

Echo-Show-20190420

Alexaが使える10インチの『Fire HD 10』と『Echo Show』を比較

はじめに端末の価値として重要な価格を比べよう。『Fire HD 10』は15,980円、『Echo Show』は27,980円とEchoシリーズ最上位モデルらしい結構な値段がつけられている。

深く考えずに値段と性能だけで見るとAlexaが搭載された『Fire HD 10』で良いのではないかと思っているが果たして・・・。

amazon-news-20190415

Fire HD 10が4/15のソフトウェア更新で「Showモード」(Alexa)を追加。

今回のタイムセール祭りでは4月15日のAlexa対応の記事で触れていた『Fire HD 10』と『Echo Show』がともに値下げされることが現実に起きている。

Fire HD 10タブレットは先ほどの定価15980円から5000円OFFの10980円に、『Echo Show』は同じく27,980円から21480円に特選タイムセールで値下げされている。

※Echo Showは本日限定(4/20)の値下げで、Fire HD 10タブレットは4/23まで値下げ。

画面サイズと解像度を比較

それでは【画面サイズと解像度】をチェックする。

2機種ともに10.1インチのタッチスクリーン、解像度は『Fire HD 10』が1920 x 1200 (224ppi)/IPSディスプレイ/反射防止技術採用となっていた。
次に『Echo Show』は1280 x 800(これ以上の情報はなかった)となっている。

価格差を考えると『Echo Show』には少し頑張ってもらいたいと思ってしまう。しかし、他の項目を比べていくと必要十分と思えた。

カメラで比較する

次に映像つながりで【カメラ】をチェックする。

『Fire HD 10』が「VGA フロントカメラ、2メガピクセル HDリアカメラ」(前面VGAカメラ/背面2MPカメラ)で『Echo Show』は前面5MP(500万画素)カメラ/背面カメラ非搭載となっていた。

テレビ電話として使いたいという場合は画質が良くなるEcho Showに軍配があがる。しかし、500万画素というのは低い、スマートフォンとLINEアプリでビデオ通話をしたほうが良いのではないかとも思ってしまう。

しかし、Echoシリーズは小さな子どもから高齢者まで簡単に行えるという<家電>に近いポジションを狙っているため簡単に判断できない。そう考えるとFire HD 10は使う人、使える人が限られるかもしない。

とはいってもFire HD 10タブレットにもAlexaが搭載されているので上図のように「アレクサ、Aさんに連絡して」と<話しかける>だけで使えてしまう。

いずれにしても<出来ることの範囲>と<普段の使い勝手>が2機種は異なるのがポイントとなりそうだ。

Alexaアプリの存在

Echo Showは据え置き型デバイスという特徴を活かして固定カメラという使い方も提案されている。そして、スマートフォンにAlexaアプリをインストールすることで外出先から部屋の様子を確認できるという。

これは帰宅した子どもと会話したり、仕事中にペットを確認するといったことが気軽に行える。持ち運べるタブレットでは意外と定位置に置いておくのは難しい行為なのでカメラ活用術としては”なるほど”と思った。

本体サイズと重量を比較する

『Fire HD 10』の本体サイズは262 x 159 x 9.8mm/重量500gで、『Echo Show』は246 x 174 x 107 mmで重さ1,755gとなっている。

タブレットなので携帯性に優れる『Fire HD 10』と、据え置き型で定位置に置いておく『Echo Show』ということになる。

これは色々と想像できてしまう。

例えば『Fire HD 10』は持ち運べてAndroidアプリでゲームなども楽しめてしまうため、家族が持ち出してしまい、帰宅を待つ、あるいは自分の部屋に置いてきてしまうことが考えられる。

その一方で『Echo Show』は2kgに近い重さで持ち出す気にならない、そもそも出来ることが限られるので家族に連絡したいとき、キッチンでレシピを参照したり、radikoを聴きたいときに<探す>という行為がなくなる。

この項目で2機種のイメージが具体的になってきた。

スピーカーとAmazon Music Unlimited「Echo プラン」で比較する

次にスピーカーと音楽配信サービスをチェックする。

2機種とも「Dolby対応のパワフルなスピーカーで、迫力あるサウンドを再現。」とあった。

『Fire HD 10』の仕様には「Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカーマイク」とあり、『Echo Show』には「2.0インチ x 2 パッシブラジエーター付き」とある。

重くて大きいだけあってスピーカーは『Echo Show』が良さそうだ。

定位置に置いて簡易的なスピーカーとしての使い方が想像できるが、これは難しいところで音楽好きなら音響システムを用意するだろう。
次にライトユーザーなら『Fire HD 10』を近くにおいてイヤホンで聴くといった使い方もできる。大音量を流せない一人暮らしや家族と暮らす人にも向いている使い方だろう。

やはり、子どもや高齢者に聴こえやすい家電としてのスピーカーという印象がある。

Amazon Music UnlimitedのEcho プラン

AmazonMusicUnlimited

2017年11月8日に発表された「Music Unlimited」、当時は4000万曲と少なかった。

『Echo Show』には特典として、6,500万曲以上が聴き放題となるAmazon Music Unlimited に月額380円の「Echoプラン」が用意されている。

AmazonMusicUnlimited.1

「Music Unlimited」は個人プランで月額980円(Amazonプライム会員は月額780円)で、年間11760円(プライムで9360円)と結構な額だ。Echo プランは年間4,560円、おおまかに毎年5000円ほど得になる。

もちろん、Echoシリーズ最安となるEcho Dotを購入しても利用できる。ちなみにEcho Dotシリーズはタイムセール祭りに毎回参加している製品なので最新価格はEcho Dot販売ページで確認してもらいたい。

処理性能・拡張性で比べる

次にCPUやインターフェイスで比べたい。

『Fire HD 10』は「1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア」プロセッサを搭載、『Echo Show』は「Intel Atom x5-Z8350」を搭載している。『Echo Show』のページで動作クロックなどの記載がなかったのでIntel製品ページで確認したところ、ベース動作クロック1.44GHzで最大クロックが1.92GHzのクアッドコアとなっていた。

その差は僅かだが、意外なことにスマートデバイスの『Echo Show』が処理性能が高い。これは発売時期も大きく影響していると思われる。そう考えると『Fire HD 10』は新モデルがでるかもしれないので値下げセールが過熱している可能性がある。

MicroSDカードの有無

個人的に重要なポイントとしてプライム動画をダウンロードしておけるMicroSDカードスロットが『Fire HD 10』は搭載(最大256GBまで対応)され、『Echo Show』は非搭載だった。

これはタブレットで持ち運べること、据え置き型で安定したネットワーク環境であることがMicroSDカードスロットの有無をわけているように思う。

ちなみに『Echo Show』のスペック表にストレージの表記はない、Androidアプリや(ビデオ通話はできるが)撮影機能がないのでユーザー向けの保存領域は存在しないようだ。

『Fire HD 10』は32/64GBのモデルが用意されている。

まとめ、比較。

Alexa搭載によりスマートデバイスとしても利用できるようになった『Fire HD 10』が気になったので比較したところ、『Echo Show』と結構な違いがあった。

使える範囲が広まったことで『Echo Show』の領域まで登場した『Fire HD 10』はAndroidアプリや電子書籍リーダー、ビデオ通話端末など何でも行えるタブレットに仕上がっている。

『Echo Show』は3倍以上の重さもあり据え置き型で、玄関のインターホンに近い存在。家族に持ち出されることもなく常に定位置に存在し機能するスマート家電だ。
さらに音楽聴き放題サービスがEchoプランで安くなるので自宅BGMとしてかけ流しをするということもできるだろう。

ーーー

Alexaを一人で使う(もしくは使わないかもしれない)なら『Fire HD 10』、家族で使うなら『Echo Show』という結論に至った。

ーーー

今回『Echo Show』は4月20日限定で特選タイムセール特価で21480円となっていた。『Fire HD 10』はタイムセール祭り期間中は10980円にて販売している。

ユーザーのレビューや最新価格は下記の販売ページより確認できる。

リンク:Fire HD 10タブレット / Echo Show  /  Amazon Music Unlimited(Echo プラン)

よく一緒に閲覧される記事

Fire HD 8がAlexa対応、Show Modeなど音声操作が可能に

アマゾンジャパンは8月19日、8インチのAndroid ベースFi

Fire HD 10向けキッズモデル風の保護ケース、その後。(追加レビュー)

2019年7月に購入したFire HD 10タブレットをキッズモデ

本日8/18まで、Fire HD 8タブレットが6980円になるセール実施中

アマゾンジャパンがFire HD 8 タブレットを通常価格8980円か

→もっと見る

PAGE TOP ↑