AppleがiPadサブディスプレイ化「Sidecar」の使い方ムービーを公開、対象端末など

公開日: : Apple

macos-catalina.1

Appleが本日リリースしたmacOS Catalinaの機能「Sidecar」に関する動画を公開した。同機能を利用するために必要なモノなどが紹介されている。

Appleが「Sidecar」の使い方を動画で紹介

はじめに「Sidecar」を使うための環境としてmacOS CatalinaをインストールしたMac端末と、iPadOSをインストールしたiPad端末が必要という紹介から動画は始まっている。

macOS Catalinaは2012年以降のMacにインストールできるが、「Sidecar」は下記のMacが対象となっているため注意しよう。

MacBook Pro (2016 年以降に発売されたモデル)
MacBook (2016 年以降に発売されたモデル)
MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
iMac (2016 年以降に発売されたモデル、および iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2015))
iMac Pro
Mac mini (2018 年以降に発売されたモデル)
Mac Pro (2019 年に発売されたモデル)

また、iPadOS側も次の端末が対象となっている。

iPad Pro (全モデル)
iPad (第 6 世代) 以降
iPad mini (第 5 世代)
iPad Air (第 3 世代)

上記のリストは「iPadOS 13に対応したiPad」として説明されている。

次に2つの端末は同一のApple IDにてiCloudにサインイン、いずれもWi-FiとBluetoothを有効にしてほか、10メートル以内に近づけておくこと、2機種ともインターネット接続の共有を使用しないことなどが説明された。

「Sidecar」の使い方

「Sidecar」を使うにはMacメニューバーにあるAirPlayアイコンを選ぶと表示されるiPad Proなど端末名を選ぶことで接続できる。このとき事前にiPadが信頼済みデバイスとして登録されている必要がある。

システム環境設定ではサイドバーやタッチバーの表示、Apple Pencilのダブルタップ有効などの設定が行えるようになっていた。

下記ページでは日本語による解説が用意されている。

リンク:Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う

前回⇒macOS Catalina配信開始、iPadサブディスプレイ化やiTunesの分割など

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE 3に新リーク、筐体がiPhone XRでTouch ID対応か

Appleの次期iPhone SEについて中国MyDriversが「i

Intel版MacBook Proが全て販売終了に、M1モデルの価格一覧

Appleが新たに発表した14インチと16インチのMacBook Pr

Appleが1枚1980円の「布」発売、主な機能

Appleは日本時間2021年10月19日、これまでApple Pro

→もっと見る

PAGE TOP ↑