macOS Catalina配信開始、iPadサブディスプレイ化やiTunesの分割など

公開日: : Apple

macos-catalina

Appleは10月8日、macOSの最新アップデート『Catalina』の配信を開始した。すでにMac App Storeのアップデートから入手可能となっている。

macOS Catalina配信開始

今回の最新アップデートではiTunesが「Music」「TV」「Podcast」の3つに分割されたほか、iPhone/iPadd/iPod touchなどのバックアップ機能がmacOS Finderに引き継がれるなど大きな変化が起きている。

新しく導入された『Mac Catalyst』はiOSアプリとMacアプリを1つのコードから制作できる試みで、今後は豊富なiOSアプリがmacOSで楽しめることになりそうだ。Mac向けTwitterも2019年内リリースを予定している。

そして待望のiPadをサブディスプレイにできる機能「Sidecar」も追加された。同機能ではiPadをケーブルまたはワイヤレスでMacに接続することで外部ディスプレイとして画面拡張・ミラーリング先として利用できる。

また、Sidecarを使うことでApple Pencilが利用可能となり、Adobe製品などクリエイター向けアプリでペンとタッチパネルによる操作が行える。

macos-catalina.1

その他、iOSで提供されていた利用時間を設定できるスクリーンタイム機能も実装された。

macOS Catalinaは2012年以降のMac端末にインストール可能となっている。

Source:Apple

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE第2世代向け、360度のぞき見防止 Agrado保護フィルム購入レビュー

昨日の保護ケースに続き、本日はiPhone SE第2世代向け360

第2世代iPhone SE向け、薄型TORRAS保護ケース購入レビュー

先日よりメイン端末として使用しているiPhone SE第二世代が問

iPhone12 miniのコンセプト画像が登場

2020年秋のリリースが期待されている5.4インチiPhone (

→もっと見る

PAGE TOP ↑