Fireタブレットで便利な2つのアプリ、Google Play不要

公開日: : Amazon Kindle , ,

Fire HD 8 Plus Review DSC05869

Fire HD 8 Plusに限らず歴代のFireタブレットでインストールしてきた2つのアプリについて、自分の使い方も含めシェアしたい。

今回のアプリはAmazonアプリストアで配布されており、Google Playは不要なのでFireタブレットへ気軽にインストールできるのも特徴だ。

Fire HD 8 Plusにインストールした2つのアプリ

オススメアプリの紹介といえば似たアプリがズラリと並ぶ記事を想像するかもしれないが、今回は2つにまで厳選した。

例えば、ノートアプリやメモアプリではEvernoteやGoogleキープといった有名どころもあるが、そういったサービス系のアプリは掲載していない。どういうことかと言うと理由は2つある。

  1. アプリが多すぎて見にくくなる。
  2. サービス利用者は掲載しなくてもインストールする。

長年Evernoteを愛用しているユーザは書かなくてもアプリを探し、仮に見つからなければ解決策を模索するだろう。

そういった理由で似たアプリをたくさん掲載しないことにした。

それでは早速、インストールしているアプリを紹介したい。

ノートアプリ「Simplenote」

WindowsやmacOS、iOSにAndroidと様々なOSで動作し、ノートを同期できる無料のテキストエディタ。

同アプリはWordPress.comを運営するAutomatticが2013年に買収したアプリでもある。

無料のアカウントを作成することでシームレスにノートを同期できるが、セキュリティー面が不明なため、IDやパスワードの共有は避けた方が良いだろう。

しかし、気軽にテキストデータをシェアできるため、裏紙のような使い方ができて重宝している。

例えばGoodNotesであれば、開発チームがシェアした裏技的な使い方としてPDFで保存する方法はあるがApple系OSがメインとなり、FireタブレットやAndroidスマートフォンで気軽に使えるノートにはならない。

しかも、多機能ではないシンプル設計なので各OSでバグが発生すると言うこともなかった。使いたい時に使えるシンプルなノートと言う名前負けしないアプリも珍しい。

もちろん、Google PlayからではなくAmazonアプリストアより直接インストールできる。

→Amazonアプリストアの「Simplenote」へ

映像転送アプリ「AirReceiver」

動画視聴で多くの利用者を集めているYouTube、同アプリはAmazonアプリストアより直接Fireタブレットへインストール可能で、小窓機能であるピクチャーインピクチャーにも対応している。

→Amazonアプリストアの「YouTube」へ

しかし、意外とメイン端末で見ていた動画を、そのままタブレット端末で見たいと言う時が多く、そんな時に活躍しているのが「AirReceiver」だ。

Fire TV Stickユーザーには馴染みあるアプリかもしれない。

このアプリをインストールすることで普段利用しているノートパソコンやデスクトップパソコン、スマートフォンで何かしらの動画アプリやサービスを利用していたら、そのままFire端末で続きを視聴できるのが気にいっている。

これはつまり内蔵ストレージの少ないFire端末に様々な動画配信アプリを導入しなくて良いと言う事でもある。既にメイン端末で動作しているソフト・サービスを利用するだけなので、アプリのアップデートやFire端末でのログイン認証、Amazonアプリストア向けバージョン限定のトラブル発生といった手間が不要になる。

また、このアプリは転送元の端末でサーバーソフトを別途インストールする必要がなく、導入の敷居は低い。

唯一の弱点は、遠隔操作アプリではないため映像転送中はテレビのように何も操作できないことだ。

Apple系OSからは「AirPlay」で映像を転送できるし、WindowsやAndroidにも対応している。

しかし、WindowsやMacOSといった生産性を目的としたOSは、アンチウィルスソフトや広告ブロックソフト等のバックグラウンドで動作するアプリもあり、映像の遅延が発生する場合がある。そして、それを解決するために調べたり、試行錯誤する手間が求められる。

iPhoneなどスマートフォン経由であればシンプルなので遭遇する問題の数も少ない、アプリ導入直後はスマートフォンから試すと「購入して失敗した」という感情を抱く可能性は低いだろう。

有料で以前より305円で販売されているが、買い切りアプリであること。他のFire端末にもインストールできるため、早めに手放す予定でなければ検討しても良いだろう。

ちなみに同じ機能ながら無料でインストールできるAirScreenというアプリもあるが、こちらは映像を転送中に広告が入ったり、アプリ内課金が月額契約だったり、サポートに満足できないと言う声もあることから、映像転送アプリは難しいと言う認識を持ってしまい、導入者の視野を狭くする可能性があるので、お勧めできない。

→Amazonアプリストアの「AirReceiver」へ

前回→Fire HD 8 PlusをNova Launcherに変更、Google Play不要

よく一緒に閲覧される記事

Fireタブレットの怖い話、更新後にチェックすべき項目

先日、Fire HD 8 Plus購入から4ヶ月を経過したというレ

Fire HD 8 Plus購入から4ヶ月目のレビュー、主な使い方

アマゾンジャパンが2020年6月3日に発売したFire HD 8

(目玉)Fire HD 10が特価9,980円に、過去最安と比較

アマゾンジャパンが10月13日より開催している年に一度のビッグセー

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑