キーボード型PC「Raspberry Pi 400」発表、スペック・価格・発売日

公開日: : 周辺機器

非営利団体Raspberry Pi Foundation(イギリス)は現地時間11月2日、キーボードにマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」を組み込んだキーボード型「Raspberry Pi 400」を発表した。

日本では正規代理店のケイエスワイなどが販売する予定となっている。

Raspberry Pi 400のスペック・価格・発売日

新たに発表された「Raspberry Pi 400」は、2019年6月リリースの「RaspberryPi 4」をベースに開発され、プロセッサはBroadcom BCM2711からBCM2711C0にアップグレードされた1.8GHzの4コアARM Cortex A72となり、RAMの容量は4GB(固定)を搭載、4K動画も再生できるというキーボード一体型のマイクロコンピュータ。

キーボード配列は英語配列、AZERTY配列(フランス語)など6種類で、日本向けモデルは工事設計認証を取得してJIS配列に変更する予定としている。

便利な機能として、キーボードの特殊キーによる起動 / シャットダウン / パワー オフが可能、セキュリティ用にKensington ロック ホールも設けられている。

Raspberry Pi 400 Play

インタフェースはUSB3.0×2、USB2.0×1、USB Type-C×1(充電)、micro-HDMI×2、microSDスロットを備えている。

キーボード(筐体)のサイズは286x122x23mmで、Wi-Fi 802.11acとBluetooth 5.0までをサポート。

価格・発売日

Raspberry Pi 400

「Raspberry Pi 400」の価格は単体モデルが70ドル、有線マウスとケーブル類をセットにしたモデル「Personal Computer Kit」が100ドルとなっている。

日本では正規代理店のケイエスワイなどが販売する予定で、日本向けモデルの価格は単品モデルが8750円+税、キットは12500円+税を予定。いずれも発売日は2021年春を予定している。

Source:Raspberry Pi Blog

よく一緒に閲覧される記事

大人気モデルの最上位「Anker PowerCore Fusion 10000」発売、発売記念セール中

家庭用コンセントで使えて、モバイルバッテリーにもなるということでミニマ

Nintendo Switch Proは4K/OLEDでバッテリー改善か、米任天堂社長の言葉

任天堂のファームウェアから以前より噂されていた「Nintendo Sw

ゲーミング毛布 『わたタンク』(BHB-1600)発売、肩まで布団に入ってスマホを

ビーズが冷えやすい首元まで毛布をしっかり被りこんだまま快適にスマホを操

→もっと見る

PAGE TOP ↑