早くもWindows 11向けGoogle Play導入ツール「WSAGAScript」登場

公開日: : 最終更新日:2021/10/25 OS , , ,

Microsoftが先日インサイダー向けに公開した「Windows Subsystem for Android」(WSA)はAmazonアプリストア経由にしか対応していないが、新たにGoogle Playを導入できるツール「WSAGAScript」が公開された。

WSAがリリースされてから世界中でF-DroidやAmazonアプリストアのリージョンロック解除による米国以外でのAmazonアカウントを使えるようにするといった試みが行われていた。しかし、どのチャレンジも最終目標はGoogle Playのインストールだったが起動できない、ログインできないといった障害が発生していた。

その状況を開発者ADeltaX氏が打破した。

「WSAGAScript」とは。

「WSAGAScript」は何をするのか

WSAGAScript

同氏が開発したツール「WSAGAScript」は端的に書くと「Windows Subsystem for Androidの改ざん」を行う。

具体的に書くとGoogle Playの追加とアクセス権限の変更、次にGoogle Playログインに失敗しないようSELinuxの設定を調整するといった内容を書き換えるようだ。

「Windows Subsystem for Android」はWindowsシステムから切り離されたとして大きな話題となったが、そのおかげで今回のハックに失敗してもOSもろとも沈む可能性は低くなっている。

作業的には次のような流れだった。

  • Linux向けWindowsサブシステムでUbuntu導入
  • OpenGAppsを任意の構成でパッケージング
  • サブシステムを7zipで解凍して任意のファイルを変更・削除
  • zipファイルに圧縮し直した後、chmodで権限を付与
  • いくつかのシェルスクリプトファイルを実行

実際に試したいのであれば、同氏が公開したインストール手順動画が参考になる。

まだまだGoogle Play導入に関して手間はかかる状況といえそうだ。

仮に成功したとしてもサブシステムのアップデートにより、何らかの対策またはツール自体が適応できない可能性もある。この手法は他のハックにも使えるため、Windowsを知るための学びとして良い教材かもしれない。

過去の事例から今後のハックを考える

似た状況の話といえば、AndroidのカスタムROM「Fire OS」を採用したFireタブレットのAmazonアプリストアがある。

最近では気軽にGoogle Playをインストールできるようになり、他のシステム設定もハックツールでボタンを押すだけのカンタン作業に進化している。

(Fire端末ハックの記事)Fire HD 10 (2019)のレビューまとめ

そう考えると「WSAGAScript」は扉を突破した記念すべき一歩、これから第2・第3と続き、やがてインストールだけで完了するツールも期待できそうだ。

ツール「WSAGAScript」は下記リンクで公開されている。

Source:GitHub

よく一緒に閲覧される記事

早くもWindows 11向けGoogle Play導入ツール「WSAGAScript」登場

Microsoftが先日インサイダー向けに公開した「Windows S

Windows11でAndroidアプリの実行テスト開始、必要条件など

米Microsoftは現地時間10月20日、Windows Insid

待望の「Pixel Fold」近づく、Android 12.1の折りたたみスマホ動作動画・ドックなど新機能

未発表のAndroid 12.1に関してXDAで新たなレポートが投稿さ

→もっと見る

PAGE TOP ↑