折り畳みiPadか、Appleが2画面デバイスの特許取得

公開日: : Apple , ,

Appleは現地時間2021年11月16日、Surface Neoのような折り畳みデバイスの特許を米国特許商標庁(USPTO)から取得したことが報じられた。

その資料にある大きさからスマートフォンではなく折り畳みタブレットとみられている。

Appleが2画面デバイスの特許を取得

Appleが特許取得したデバイスは、1つのディスプレイを折り曲げるタイプではなく2つのディスプレイを備えたSurface Neoのようなタイプ。

資料によると、2つの画面で1つの情報を大画面表示するか、それぞれが別の情報を表示できる「joint operating mode」モードが用意されるという。

折り畳みの構造はディスプレイを内側で合わせる谷折りタイプ、そのため折り畳んだ状態では通知などが表示されない。
そのため、他社のように側面や背面にセカンドディスプレイが備える可能性も考えられる。

折り畳みディスプレイに関してはレビューを見る限り、スクリーンの折り目や撓みに慣れないという報告もあり、従来のスクリーン2枚を使用するデバイスの需要もありそうだ。

今回の特許情報を報じた下記リンク先では資料にあった動作のフローチャートなども公開されている。

Source:patentlyapple

よく一緒に閲覧される記事

iPadメモ帳ケース活用術、紙1枚で成長「白紙法」の話

先日購入したiPad mini 6のメモ帳ケース、Apple専用品では

iPhone 14はノッチ廃止やRAM8GBなど4項目をアップグレードか

Appleの次期iPhoneについて、カメラレンズの仕様が変わりノッチ

第3世代iPhone SEは2022年Q1に発表か、5G対応など

次期iPhone SEについて台湾の調査会社が2022年の第一四半期(

→もっと見る

PAGE TOP ↑