Windows 8 快適化―『Win+X Menu Editor』でメニューをカスタマイズ、使い方

公開日: : Windows アプリ

 Windows 8 デスクトップ画面で左下にあるWindowsアイコンのロングタップ(または「Win」キー+「X」キー)で表示させる管理メニューをカスタマイズできる便利ソフト『Win+X Menu Editor』をインストール、使い方や設定した内容を記録します。

Win X-Menu-Editor-01

『Win+X Menu Editor』でメニューをカスタマイズ

 『Win+X Menu Editor』は海外製のフリーソフトで開発者のウェブサイトからダウンロードが可能、寄付歓迎とのこと。

 作者によるデモ動画で使い方を把握できます。

『Win+X Menu Editor』のダウンロードから起動まで

 『Win+X Menu Editor』はZIP形式に圧縮されて配布、Windowsにインストールするタイプのソフトではありません。

  1.  はじめに開発者ウェブサイトからダウンロードした「WinXMenuEditorRelease.zip」を解凍。
  2.  展開したフォルダ内にある「x64」は64bit版PC用、「x86」は32bit版PC用で、実行したいWindows端末に合わせてフォルダを選択。
  3.  フォルダ内にあるexeファイル「WinXEditor.exe」を実行すれば『Win+X Menu Editor』の起動は完了。

 『Win+X Menu Editor』を定期的に起動する必要があればフォルダごと常時装着しているSDカードに移動しておくと良いと思います。

『Win+X Menu Editor』の使い方

 『Win+X Menu Editor』の起動直後、画面にはグループが3つあり、実行時に区切り線で区分されます。

Win X-Menu-Editor-02

 わかりやすくするためメニューの「Create a group」を選択し、グループを追加。

Win X-Menu-Editor-03

 Group4が追加されました。

Win X-Menu-Editor-04

 次にプログラムを追加したいので同じくメニューの「Add a program」を選択。

Win X-Menu-Editor-05

 ファイル選択画面で起動したいソフトを選択、今回ペイントを選択。(ペイントはWindowsフォルダに移動して検索フォームへ「mspaint」を入力すれば見つかります。)

 あとで確認したら「Add a program」の下にあるプリセットメニューにペイントがありました。

Win X-Menu-Editor-06

 デフォルトで「mspaint」となっているので日本語「ペイント」へ変更。

 このままだと「Win」+「X」キーを押しても反映されないので、『Win+X Menu Editor』の右下にある「Restart Explorer」を選択し、エクスプローラーを再起動させることで変更内容を適用させます。

Win X-Menu-Editor-07

 ペイントが表示されました。

 『Win+X Menu Editor』は他にも任意のフォルダやコントロールパネル項目、管理ツール項目を選べるようです。また、初期状態に戻したいときは『Win+X Menu Editor』の右上にある「Restore defaults」ボタンを選択すれば初期化できます。

 タスクバーのピン留めアプリが増えて困っていたので助かりました。使用頻度が低いソフトはWin+Xキー管理メニューへ移動させるのが良いと思いました。

 「Windows 8 入門」の記事一覧へ

よく一緒に閲覧される記事

「AVG アンチウイルス」 の販売終了が発表

AVG Technologiesは10月17日、個人向けウイルス対策ソ

スマホアプリをPCで最大8倍も快適に『BlueStacks 4 』配信開始

BlueStack Systemsは9月18日、Android用ゲーム

CLIP STUDIO PAINTがアニメ制作機能を大幅アップデートへ、東映アニメーションデジタルタイムシート提供予定

セルシスは9月14日、イラスト・マンガ・アニメーション制作ソフト「CL

→もっと見る

PAGE TOP ↑