イベント中継:Microsoft、次期OS『Windows 10』発表

公開日: : Windows

 Microsoftは米国時間9月30日、サンフランシスコで開催したWindowsに関する発表イベントで次期OS『Windows 10』を発表しました。イベント中継で更新します。

VRG_1047

MS、次期OS『Windows 10』発表

 なんとWindows 9ではなく『Windows 10』を発表しました。

VRG_1059

VRG_1060

 広範囲のデバイスをサポート。

VRG_1066

 『Windows 10』は、これまでWindowsで使われてきた管理ツールと互換性があるとのこと。

VRG_1078

 新しいスタートメニューにはタイルやシャットダウン/再起動のオプションが用意されています。

VRG_1081

 タイルは追加/削除など変更ができる。

VRG_1083

 デモで使われているのはWindows Technical Preview Build 9841。

VRG_1085

 検索が便利になった模様。

VRG_1095

 マルチデスクトップ(仮想デスクトップ)の話へ。

VRG_1098

 仮想デスクトップはマルチタスクで動作、新しい”Snap Assist”UIによりデスクトップ間を移動できるとのこと。

 キーボードの話でデモの準備中とのこと。

VRG_1102

 コマンドプロンプトが登場。

 Ctrl+Vキーによる貼り付けオプションが追加された模様。

VRG_1106

 チャーム健在。

 2in1の話へ。

VRG_1110

 タッチ操作によるスタート画面。

 タブレットでのスタート画面とキーボード接続時によりスタート画面のモードが変更される模様。

VRG_1111

 ”Windows Insider Program”を米国時間10月1日より開始するとのこと。

 ノートPCとデスクトップ向けに「Technical Preview」を提供し、サーバー向けは後日リリース。

VRG_1112

 buildカンファレンスでユニバーサルアプリの詳細を明らかにするとしています。

 buildカンファレンス後の2015年半ば~後半にかけて「Windows 10」をリリース。

 Windows XPとWindows 7のユーザー向けについて、アップグレード価格といったニュースはないとのこと。

 Windows 10は4インチ~80インチまで対応。

 Windows Phoneの次期バージョンについて質問、、、回答:すべてのデバイスで優れたタイプが存在していますから最終的には異なるでしょう。

 Windows 8.1の経験からPCとタブレットをブレンドしたい、前進したOSがWindows 10。

VRG_1114

 質問:WindowsストアのアプリやARMベースのSurfaceはどうなるのか。

 回答:「Windows 10」では全てのアプリをサポート。

 「Windows 10」のサポート期間は10年。

 『Windows 10』以降のバージョンには大きなネコにちなんだ名前が付与されますか?→たぶん、ないと思う。

 しばらく更新がないためイベント中継を終了します。

 おやすみなさい。

(更新中)更新終了。

(追記、、、紹介動画が公開されました。)

 次期『Windows 10』の紹介動画が公開される

よく一緒に閲覧される記事

耳コピ向け神ツール登場、音楽を分離できる無料ソフト『Spleeter』公開

ボーカルキャンセリングという曲からボーカルの声を弱める機能を使って

2画面PC向け『Windows 10X』発表、Surface Neoなどに搭載へ

Microsoftは米国時間10月2日、来年より順次リリースされる

Windows 10で過去30日のインターネット使用量を知る方法、ランキングも表示可

無制限WiFiサービスを申し込むにあたって自分が過去30日間で、ど

→もっと見る

PAGE TOP ↑