Android Wear、スマホを探せる「スマートフォン検索」搭載/Moto 360で試す

公開日: : スマートウォッチ ,

 Googleは米国時間3月19日、ウェアラブルOS「Android Wear」が動作するスマートウォッチからペアリング済みのスマートフォンを探すことができる「スマートフォン検索」(Find My Phone)機能に対応したことを発表しました。

keep-watch-on-your-phone

スポンサーリンク

Android Wearスマートウォッチが「スマートフォン検索」機能に対応

 これまで行方不明となったスマートフォンを探す方法は「Androidデバイスマネージャー」によるウェブブラウザとアプリで行ってきましたが、そのうちサウンドで居場所を確認する機能がAndroid Wearで行えるようになりました。

 これまでスマートウォッチ製造メーカーのプリインストール機能やサードパーティ製アプリで実現してきた機能が標準搭載された形になります。

 実行する方法は音声コマンド「Find my phone」(日本語版では「スマートフォン検索」と呼びかけるか、「Start(開始)」メニューの「スマートフォン検索」オプションを選択することで実行できます。

 しかし、「Androidデバイスマネージャー」とは異なりBluetooth接続が有効な範囲に限定されています。実行するとスマートフォンが最大音量で居場所を伝えるという身近なウェアラブル端末らしい機能となっています。

実用的か、「Moto 360」で試す

 手持ちの「Moto 360」(Android Wear 5.0.2)にも「スマートフォン検索」が有効になっていたので試しました。

 音声コマンドの呼び出しは「スマートフォン検索」だけでは検索結果が表示されてしまうので「スマートフォン検索 開始」とすることで同オプションが実行できました。

 次に音ですが、「最大音量」という表現から想像する耳障りなイメージとは程遠いコミカルで和めるサウンドでした。一般的な着信音よりも優しい感じなので周囲の人には走り回っているペットを探しているようなシーンに映るかもしれません。

 スマートフォンの画面が点灯していても音は流れ、電源ボタンを押すか画面タッチで音は停止されます。迷惑になるような音でもなく停止もシンプル、実用的なオプションだと思いました。

 紛失したスマートフォンがBluetooth圏外にある場合はAndroidデバイスマネージャーのアプリやウェブサービスを使って地図上から探したほうが良いと思います。

Source:Android Offical Blog

スマートウォッチの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

通話できるLG Watch Sportなど2機種は2月9日に発表へ、Google Nexusスタイルの初Android Wear 2.0搭載スマートウォッチ

Googleが主導してメーカーが製造するNexusスタイルのスマートウ

タグ・ホイヤー、5月にAndroid Wear 2.0搭載スマートウォッチを発売へ

高級腕時計を展開するTAG Heuerが2017年5月にAndroid

ニューバランス、スマートウォッチ『Run IQ』発表―スペック・価格・発売日

ニューバランスは1月5日、ランナーのためにランナーによって作られた新し

Google、Android Wear2.0と一緒に新スマートウォッチ2製品の2017年Q1発売予定を明らかに

Googleが2017年中に最新OSとなるAndroid Wear 2

Fitbitが「Pebble」買収を発表、同名ブランドは生産終了へ

 活動量計メーカーのFitbitがスマートウォッチを販売する「Pebb

Fitbitが「Pebble」を買収か、Pebbleブランド廃止とも

 活動量計を手がける「Fitbit」がスマートウォッチ「Pebble」

凍らせても熱湯もOK!?活動量計『Xiaomi Mi Band 2』開封レビュー、製品特徴と実験動画

 Xiaomi製のスマートフォン「Xiaomi Mi5」とノートパソコ

Android Wearスマートウォッチが決済サービスAndroid Pay対応へ

 Googleが提供するウェアラブル向けOS『Android Wear

売切れ中『Pokémon GO Plus』の12月5日入荷分が予約受付開始 #ポケモンGO

 入手されるたびに即完売となるポケモンGO向けウェアラブル端末の『Po

売切れ高騰中の『Pokémon GO Plus』が本日10時に再入荷 #ポケモンGO

 入手困難なポケモンGO向けウェアラブル端末の『Pokémon GO

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑