『Acer Spin 5』2機種を発表、筆圧1024ペン+指紋13.3インチなどスペック・発売日 #日本エイサー

公開日: : Acer

日本エイサーは11月14日、筆圧感知1024段階のペン入力に対応したディスプレイが360度回転する『Acer Spin 5』より2機種「SP513-52N-F78U」、「SP513-52N-F38Q」を発表しました。―発売日は11月29日(水)。

Acer-Spin5-news-20171115.2

日本エイサー、『Acer Spin 5』2機種のスペック・発売日

『Acer Spin 5』は日本エイサー初となる第8世代インテルプロセッサーを搭載した液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート。

Acer-Spin5-news-20171115

スペック、主な仕様

『Acer Spin 5』2機種のうち「SP513-52N-F78U」はIntel Core i7-8550Uプロセッサ(1.8GHz~ターボ時4.0GHz/キャッシュ8MB)+ストレージ256GB SSDを搭載、「SP513-52N-F38Q」はIntel Core i3-7130Uプロセッサ(2.7GHzでターボなし/キャッシュ3MB)+ストレージ128GB SSDを搭載しています。いずれもメモリは8GB。

筐体はカバンに入れてもかさばらないという15.9ミリの薄型ボディ、ディスプレイが360度回転するため4つのモードが使えるとしています。またタッチパネルをしっかりと支えるデュアルトルクヒンジ採用で、画面のぐらつきを感じない快適な使い心地だとしています。

Windows Ink対応のAcer アクティブスタイラスペンが標準で付属しており、筆圧検知1024段階の手書き入力が行えるとしています。

オーディオ機能では、モードに応じて左右の音声が切り替わるオートリバースオーディオチャンネルを採用。マイクは、AIアシスタント「Cortana」を快適に使えるようアレイマイクロフォン4基を搭載、4m離れた場所でも音声を検知できるとしています。

Acer-Spin5-news-20171115.1

キーボード面のタッチパッドにはWindows Hello対応のAcer指紋認証リーダーを搭載、セキュリティと快適なログインが行えるとしています。

インターフェイスには充電にも対応するUSB3.1 Type-Cポート搭載、USB3.0ポート x2 (うち1ポートは電源オフUSB充電機能付き)、USB2.0ポート x1。

バッテリー容量は4670mAhで駆動時間は約13H、電源アダプタは45W。

本体サイズは約15.9(H)x324.4(W)x226.0(D)mm、重さ1.5Kg。

価格・発売日

『Acer Spin 5』の発売日は11月29日(水)、価格はオープンで市場想定価格(税別)は「SP513-52N-F78U」が約14.3万円、「SP513-52N-F38Q」が約10万円となっています。

AcerがIFA2016にあわせて発表した当時のAcer Spin 5とは異なるスペックとなっています。
Acer Spin 7/5/3/1 発表、2in1ノートPC4機種の一部スペック・価格

Source:Acer

よく一緒に閲覧される記事

Acer、ペン収納できる14型ノート『Spin 3』発表・価格・発売時期

Acerは米国時間4月11日、ペンを本体に収納できる14型ノート『Sp

Acer、eSIM / 1.1kgの14型ノート『TravelMate P614-51』発表・価格

Acerは米国時間4月11日、厚さ16.6mmで重量1.1kgという薄

ワコムペン対応Core i9/RTX2080搭載17.3型ノート『Acer ConceptD 9』発表

Acerは米国時間4月11日、クリエイター向けに最適化された新ブランド

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑