「トロイの木馬」化されたAndroidアプリ144個を発見、マカフィー

公開日: : Android アプリ ,

マカフィーのモバイルリサーチチームは11月16日、Google Playに登録されている144個のAndroidアプリから「トロイの木馬」化されたアプリケーション内に潜んだ新種のAndroidマルウェアを発見したことを明らかにしました。

mcafee-news-20171116

Grabosトロイの木馬アプリ

Androidアプリから新種マルウェア『Grabos』発見

マカフィーは発見した新種のAndroidマルウェアが変数名やメソッド名を含むコードのいくつかの要素でGrabosという文字列を使用していたことから「Grabos」と名付けたとしています。

この「Grabos」はGoogle Playの音楽プレイヤー「Aristotle Music audio player 2017」で最初に発見されました。すでに100〜500万回もインストールされ評価も良好だったようですが、最新コメントではマルウェアとして検出されたと書き込まれていたとのこと。同社は9月にGoogleへ通知、同アプリが速やかに削除されたことを確認したと報告しています。

そして、追加調査を行ったところ143個のアプリを発見、すべてGoogle Playストアから削除されていると伝えています。

同社は今回の悪意あるコードが商用の難読化ツールで保護されており、Googleのセキュリティ対策を回避している可能性が高いと指摘しています。

『Grabos』アプリの全リストは下記リンク先より確認できます。

Source:マカフィー

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑