人気品薄の『Fire HD 10』を注文、購入した理由

公開日: : 最終更新日:2019/11/15 Amazon Kindle , ,

Fire-HD-10-9th

アマゾン自ら人気商品の為、発売日である10月30日から出荷が遅れると書いた第9世代のFire HD 10 タブレットを注文した。購入した理由やカラーなどを記録する。

『Fire HD 10』を注文、購入した理由

タブクルでは2019年に入ってからレビュー当時で最新のFire 7 / Fire HD 8 / Fire HD 10を立て続けに購入して、Google Playの導入からはじまり、root化をしてロック画面の排除やホーム画面の完全カスタマイズ、Windowsのサブディスプレイ化や冷蔵庫に貼り付けたりと、各デバイスで遊びつくした。そう感じていたため、第9世代の発表当初は購入する気にならなかった。

しかし、今回の人気品薄という記事を書くにあたって改めてFire HD 10 タブレットを見直したら、これまでのFireシリーズとは異なる意欲的なUSB-CやPIPなどの価値を再確認できた。

旧Fire HD 10 タブレットの使い勝手など違いを見てみたい。何よりもCPUがパワーアップしたことで叶わなかったWindowsアプリの動作や他OSのインストールができるかもしれない。
(仕様詳細はは第7世代とのスペック・価格を比較した記事で確認できる。)

そんな妄想を掻き立てられ、注文に至った。

Fire-HD-8-Wine_6460

やりつくして満足してしまったFireシリーズ、各デバイスのレビューまとめは下記より確認できる。

FireシリーズはGoogle Playが使えないので、上記3端末と同じようにGoogle Playの導入からはじまり、root化(可能であれば影響が限定的となる一時的なroot権を取得したい)へと進んでいくだろう。

何はともあれFireシリーズ初となるUSB-C搭載モデルは、それだけで他の最新デバイスと共通のケーブルが使えるという大きなメリットがある。今回もMediaTek製チップならroot化できる日も遠くないはずだ。

なお、注文したのは最も早く届くホワイトで容量は32GBを選んだ。早ければ明日にも到着するので開封レビューがお届けできるかもしれない。

続き早くも在庫切れ、新型Fire HD 10 が発売され人気モデルが明らかに
前回⇒ついに第9世代Fire HD 10タブレットが12月まで出荷延期、人気のカラーをチェック

リンク:Fire HD 10 (2019)

よく一緒に閲覧される記事

(祭り)50%OFF中の『Echo Dot with clock』が最大4か月待ちに

アマゾン今年最後のビッグセールで目玉商品となった天気や外気温、タイ

通常2980円の『Echo Flex』が特価1980円に、在庫切れへ拍車

2019年9月26日に発表されたEchoシリーズ最安モデルにしてコ

(祭りCM目玉)Echo Show 5が初の50%OFFに、前回と価格比較

アマゾンジャパン毎年最後にして最大の値引きを展開するサイバーマンデ

→もっと見る

PAGE TOP ↑