LINEMOからIIJmioへ乗り換えた話、MNP時の注意点・制限時のスピードテスト結果

公開日: : モバイル通信 , , ,

2022年6月25日の午前中、IIJmioの封筒が届いた。

MNP手続きは封筒の中にあるガイドラインに沿って進むだけで良い。

しかし、「ご利用の流れ」という見開きページと間に差し込まれているMNP案内の順番を間違えて少し手間取ったため「ご利用の流れ」から始めてしまう人が困らないよう記録していく。

また、低速モードでのスピードテストを試した結果もレポートする。

LINEMOからIIJmioへMNP、手順の注意点。

最初に目を通すのは一番しっかりとした透明な袋にある下図左の「ご利用の流れ」だが、そのまま作業するとMNP開通電話ができなくなってしまうので注意したい。

「ご利用の流れ」には物理SIMカードが入っているのでiPhoneならNanoSIMサイズで取り出して装着することになる。

そして、そのまま「ご利用の流れ」に沿って作業を始めたくなるがMNPであれば読み進めてはいけない。

具体的には下図のメイン用紙「ご利用の流れ」は読まず、チラシのように差し込まれている紙からスタートしないと手間が増える。

iPhoneでMNPする際は次のような手順になる。

  1. 「ご利用までの流れ」に差し込まれているチラシのような紙から進める。
  2. 重要)MNP開通フリーダイヤルでMNP元のSIMカードで通話、手続きを済ませる。
  3. 「ご利用までの流れ」というメインの作業にあるとおり端末の電源OFF
  4. 物理SIMカードの差し替え
  5. WiFi経由でIIjmioのアプリをインストール。
  6. IIJmioアプリのトップで案内されているプロファイルのDownload
  7. 設定アプリでプロファイルのインストールで完了。

くれぐれもメイン冊子の「ご利用の流れ」から作業を始めないようにしたい。

また、チラシのようなMNP手続き用紙には開通電話から10分ほどと書かれていたが開通電話のアナウンスでは1時間ほどと説明された。

実際は30分ほどで「Docomo」の文字が表示されている。

MNP後に気付いたこと。

IIJmioクーポンスイッチというアプリを起動するとデータ量は残り400MBとなっていた。

2ギガプランなのに何故?と思ったがFAQ(IIJmioへ)を見ると、月額料金と一緒に日割計算となる模様。契約前の料金ページでも大きく表示してほしかったが・・・昔から契約者に厳しい姿勢のモバイル業界の一面に触れた気分だ。

制限時のスペードテスト

アプリで高速通信をOFFにしてGoogleスピードテストをChromeブラウザから実行した。

以前IIJmio提供のBICSIMでeSIMを契約した時と同じく下りはバーストがかかり瞬間的に4〜5Mbpsほどが出た後、1秒ほど1Mbps前後が続き、その後0.3Mbps前後となり、最終的に0.30Mbpsとなった。

上りは「アップロードしています」という案内のままメーターが動かない。

何度か試したところ成功するときは0.6Mbps前後という表示のまま動かなくなったので、あまり快適ではないと思われる。

IIJmioは制限通信に対しても3日間の最大通信量で規制する決まりを設けているので、制限モードだからと気軽に使いすぎると更なる低速モードになるので注意。

前回→LINEMOからIIJmioへのMNP手続き(申込み編):SIMカード返却など、まとめ

よく一緒に閲覧される記事

KDDI障害、お詫び返金は一律200円ほか

KDDIは7月29日、今月2日から長時間にわたって発生した

IIJmio、8月からスマホ単体でも購入可能に

株式会社インターネットイニシアチブは7月28日、モバイル通信

mineoがフリーWiFi自動接続「タウンWiFi by GMO」連携開始、ポイント2倍の時間帯など

株式会社オプテージ(大阪)は7月25日、GMOタウンWiFi

→もっと見る

PAGE TOP ↑