ベネッセ、「進研ゼミ」でタブレット利用を9学年に利用拡大へ

公開日: : サービス ,

 ベネッセホールディングスとベネッセコーポレーションは2月4日、通信講座「進研ゼミ」においてオリジナル学習用タブレット端末の導入を発表しました。2014年4月号から小学生~高校生までの9学年でサービスを開始するとのこと。

shinken-zemi-tablet

ベネッセ、「進研ゼミ」でタブレット利用拡大

 ベネッセの「進研ゼミ」は2013年4月から中学1年向け講座で試験的にタブレット端末を導入し、対象講座全体の60%にあたる16万人がタブレットによる学習を選択したことをうけ、2014年4月より小学校1~5学年、中学校3学年、高校1学年へタブレット学習を展開させるとのこと。

 タブレット導入に伴い、ネット活用により双方向性を高め、従来の添削よりも早く多い回数のやりとりが可能となるほか、ビックデータを活用することで学習向上を図るとしています。

 タブレット端末は学年ごとに異なるとしており、小学生は9.7インチでネット接続ができないモデル、中学生では7インチで有害サイトフィルタリングや利用時間制限のほか、保護者モードで通常のタブレット端末として利用できるモデル、高校向けは9.7インチでデジタイザペン付属など様々。それぞれのタブレット端末は6~21か月以上の受講でタブレット端末が実質無料になるとのこと。

 ベネッセでは2014年4月の開始時に9学年で合計約80万人がタブレット端末を利用すると見込んでおり、今後3~4年をかけて15~16学年へ拡大する予定としています。

Source:ベネッセ

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑