Windows 10のログインは顔パス、『Windows Hello』と『Passport』発表

公開日: : Windows ,

 Microsoftは米国時間3月17日、次期OS「Windows 10」向けに生体認証システム『Windows Hello』とサードパーティ製アプリやウェブサービスのログインで利用できるプログラム「Passport」を発表しました。

Windows-hello-01

Microsoft、次世代ログイン『Windows Hello』と『Passport』発表

 『Windows Hello』はWindows 10を搭載したパソコンやタブレット、スマートフォンの起動時に従来のパスワード入力ではなく、顔・虹彩・指紋で認証してログインする機能で、指紋スキャナやIntelの「RealSense」カメラなど生体センサーを搭載したデバイスで利用可能としています。

Windows-hello-02

 『Windows Hello』によりユーザーは指紋センサーに指を置くか、カメラ前に座ることでパスワードを入力することなく自動ログインが可能、もちろん記事冒頭の画像にあるような印刷した顔写真ではログインできず、顔を見せることで瞬時にログインされるようになっています。

 認証するために記録される顔や指紋といったデータは端末内部に保存され、Microsoftや第三者が取得することはできないほか、本人以外はログインすることができないとしています。

 『Windows Hello』はエンタープライズで使える水準のセキュリティを確保しているとのこと。

幅広いログインに使える『Microsoft Passport』

 『Microsoft Passport』はサードパーティ製アプリやウェブサービスといった様々なログインでパスワードを入力する手間を省くパスワードマネージャで、先程のWindows Helloやデバイス固有の暗証番号で個人を識別する仕組みとなっています。

Source:Microsoft Blog

よく一緒に閲覧される記事

MS、大型アプデ「Windows 10 October 2018 Update 1809」発表–Android連携強化・動画

Microsoftは米国時間10月2日、大型アップデート「Window

懐かしいWindows 95がアプリで登場・配布中、macOSやLinuxでも動作可能

MicrosoftのWindows 95といえば、Android We

Microsoftが『Your Phone』提供開始、Windows 10からスマホ閲覧

Microsoftが米国時間8月14日からインサイダー以外の一般Win

→もっと見る

PAGE TOP ↑