3G+LTE同時待受の『Moto G4 Plus』は買いか、レビュー・スペック・注意点から考える

 モトローラ・モビリティ・ジャパンから3GとLTEの同時待受(デュアルスタンバイ)に対応したSIMフリースマートフォン『Moto G4 Plus』が7月22日に発売されます。

 コストを抑えるためにドコモ(通話用)端末とドコモMVNO(格安SIMカードでのデータ通信用)端末をわける必要がなくなる待望のスマートフォン、レビューやスペック、注意点を参考に買いか考えたいと思います。

Moto-G4-Plus.3

スポンサーリンク

『Moto G4 Plus』は買いか、レビュー・スペック・注意点から考える

 『Moto G4 Plus』はデュアルSIMでデュアルスタンバイということもあり、SIMカードの設定画面では”優先SIM”なる項目が設けられており、「モバイルデータ」「通話」「SMSメッセージ」といった用途に対してSIM1またはSIM2を設定しておくことができるようです。また、”優先する接続”という項目で「音声」を選ぶ事で重要なSIMカードを選ぶことができます。

 APN設定は2つのSIMカードで設定することになりますが、主要MVNOサービス(OCNモバイルONEやIIJmioなど)はプリセットされているので作業は簡単と思われます。なお、SIMスロットの名前は任意で変更可能。

注意点

 『Moto G4 Plus』は2つのSIMカードスロットともにLTE通信をサポートしていますが、”LTE回線による同時待受はできない”としており「LTE+LTE」は不可、「3G+LTE」という運用になります。

 また、VoLTEをサポートしていないのでLTE回線での通話を考えている場合は注意が必要です。

 そして通話とデータのSIMカードを別々に使う予定であれば知っておく必要があることとして、通話中(SIM1)はデータ通信(SIM2)を使用できないという注意点があります。電話で乗換の話をしていて少し待っててとネット検索しようとしても通話SIM(SIM1)でデータ通信を行うことになると思われます。

運用方法を考える

 最初に思いつく運用方法が通話SIM+データSIMというスタイルです。しかし、MNPキャンペーンなどでKDDI auに辿り着いている私にとってはGRATINA2のSIMカードを『Moto G4 Plus』に差し込めないので当面の間はデータSIM+データSIMで使おうかと考えています。

 データSIMカード2枚あっても意味ないじゃん!って思われるかもしれませんが、1枚は月間499MBまで0円の「0SIM by So-net」を、もう1枚にも「0SIM by So-net」を、、、と考えています。

 つまり499MBx2枚=月間998MBまで0円で運用できてしまうのです。

スペック面で考える、Nexus 6と比較

 『Moto G4 Plus』は買いか、手持ちのNexus 6とスペックを比べてみたいと思います。

 タブクル調べ
 tabkul.com
Moto G4 Plus Motorola Nexus 6
OS Android 6.0.1 Marshmallow Android 5.0 Lollipop
CPU Qualcomm Snapdragon 617/MSM8952/1.5GHzx4+1.2GHzx4 8コア Qualcomm Snapdragon 805 APQ8084
2.7 GHzクアッドコア/Adreno 420
RAM 2GB / 3GB 3GB
ストレージ 16GB /32GB 32GB/64GB
SDカード MicroSDカード最大128GB対応 非搭載
液晶 5.5インチ GORILLAR GLASS 3 5.96 インチ/AMOLED/Gorilla Glass 3
解像度 1080×1920 2560x1400/16:9/493ppi
前面カメラ 500万画素 200万画素
背面カメラ 1600万画素 1300万画素
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11 ac/a/b/g/n、MIMO
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.1
サイズ 76.5×152.9×7.87mm(カメラ部9.78mm) 159.26×82.98×10.06mm
重さ 157g 184g
バッテリー 3000mAh 3220mAh

 

 最新世代ではないNexus 6ですが解像度も高く、Snapdragon 805と健闘しています。以前おサイフケータイや防水が使えるということでSIMフリースマートフォン「富士通 arrows M02」(レビュー記事一覧へ)を購入しました。プリインストールの便利アプリが優秀(詳しくはレビューより)で持ちやすくて軽いなど個人的に好きなのですが、CPUまたはRAMが原因なのか少しだけ重く感じる時があり、メインにすることはできませんでした。

 そして、CPUは重要なのだと再認識しました。

 『Moto G4 Plus』はSnapdragon 617を採用しており、同じものを採用しているのは次のようになっています。

 アマゾンで予約注文を受け付けているのはRAM3GBモデルなので少し余裕のある動作が期待できるのはないかと思います。

価格面から考える

 2014年12月11日にNexus 6(32GBモデル)を購入した時の価格は75,170円でした。

Nexus6-nowonsale1

 アマゾンで予約注文を受け付けている『Moto G4 Plus』は価格38,664円です。38,664円です。38,664円です。

 『Moto G4 Plus』はNexus 6よりも高い前面500万画素+背面1,600万画素カメラを持ち、持ちやすかったNexus 5に近いサイズ感で最新の指紋センサーも搭載しています。それが2台買えてしまうほどの価格差、、、。

 75,170円ー38,664円=36,506円

 これが時代というやつでしょうか。約半額でデュアルSIMデュアルスタンバイと指紋センサーが使えるわけですね。

モトローラ スマートフォン Moto G4 Plus の価格

 まだ一部のユーザーしかメリットに気付いていないとしたら、、、と考えて、とりあえず予約しておき少し考えたいと思います。

【国内正規代理店品】モトローラ スマートフォン Moto G4 Plus ( ブラック / Android / 5.5インチ / 3GB / 32GB / 1600万画素 )

【国内正規代理店品】モトローラ スマートフォン Moto G4 Plus ( ブラック / Android / 5.5インチ / 3GB / 32GB / 1600万画素 )Motorola(モトローラ)

参考価格:38,664円
価格: 38,664円

レビュー(評価順):-件(2016/07/14現在)



 

 前回の話
 Moto G4 Plus 日本発売を発表、デュアルSIMで3G+4Gデュアルスタンバイ – 価格・スペック・対応周波数

Motorolaの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Moto Z Play(XT1635-03)でドコモ系SIM設定レビュー、格安SIMカードは使えるか

今回、拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1635-

Moto Z Play(XT1635-03)レビュー、初回セットアップとAntutuベンチマークスコアほか

前回に引き続き拡張できるスマートフォン『Moto Z Play(XT1

変形スマホ「Moto Z Play」開封レビュー、3/20までのフラッシュセール実施中

日本での販売に力を入れている海外ショップ「GearBest」が3周年記

Moto Z向け物理キーボード「Physical Keyboard Mod For Moto Z」、Indiegogoで出資募集中

Moto Zの拡張機能「Moto Mods」向けに横向き5行のQWER

Motorola Moto Z 2016向けTWRPリリース

 日本でも発売が発表されたMotorola製の拡張できるスマートフォン

Motorola、拡張できるDSDSスマホ『Moto Z』『Moto Z Play』の日本投入を発表―価格・発売日・スペック・対応周波数

 Motorola Mobilityの日本法人モトローラ・モビリティ・

Moto G4 Plus の水没テストやSIMカード取り外しなどハンズオン動画レビュー

 デュアルSIMカードで3G+LTE回線の同時待受ができるデュアルスタ

3G+LTE同時待受の『Moto G4 Plus』は買いか、レビュー・スペック・注意点から考える

 モトローラ・モビリティ・ジャパンから3GとLTEの同時待受(デュアル

Moto G4 Plus 日本発売を発表、デュアルSIMで3G+4Gデュアルスタンバイ – 価格・スペック・対応周波数

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは7月13日、Moto Gシリーズの

EXPANSYS週末セール、5.7型『Motorola Moto X Style』が39%OFF/Nexus 6 とスペック比較・対応周波数

 初代Nexus 6に限りなく近いスマートフォン5.7型『Motoro

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑