未発表『Xiaomi Mi 6』の価格リーク、RAM6GB+SD835で約4.2万円か

公開日: : Xiaomi

中国のアップルとして何かと話題を集め総合家電メーカーのようなXiaomiが世界初となるSnadpragon 835チップを搭載してリリースすると期待されている次期フラッグシップ・スマートフォン『Xiaomi Mi 6』、その価格についてリークされています。

Xiaomi-mi6-leaks-01

スポンサーリンク

『Xiaomi Mi 6』の価格リーク

リーク情報によると『Xiaomi Mi 6』は2つのバージョンで展開され、1つはフラットディスプレイ、もう1つは曲面スクリーンディスプレイになるようです。いずれもSnapdragon 835チップを搭載とのこと。

先日のリークではデュアルカメラ搭載が伝えられていましたが、今回の情報によると2バージョンともシングルカメラになるようです。

フラットスクリーン版はRAM4GB、曲面スクリーンはRAM6GBとなり、価格は1,999元(約3.35万円)と2,499元(約4.2万円)になるとしています。

ミッドレンジ向けRedmiシリーズではないので指紋センサーは前面のホームボタンに内蔵されると思われます。SD835チップ搭載ということでQualcomm社のQuick Charge 4.0対応ということになります。ストレージもUFS2.1規格をサポート。バッテリー容量は4,000mAhと伝えられています。

Win32アプリ対応のSnapdragon 835に注目

CES 2017で高い期待を満足させる性能を発表したQualcomm Snapdragon 835ですが、最大2.45GHzクアッドコアと1.9GHzクアッドコアのオクタコア構成と高い処理性能を持っています。詳細は発表記事へ→Win32アプリ対応のSnapdragon 835正式発表

特に注目されるのはWin32アプリへの対応で、MicrosoftもARMベースのWindows 10を2017年にも投入する事を明らかにしています。デモ動画は過去記事より確認できます。→ARMベースのWindows 10は2017年リリース、Win32アプリも動作可能/Qualcomm搭載デモ動画

Xiaomiスマートフォンは活発にROM書き換えが行われているスマートフォンですが、SD835搭載によりARM版Windows 10への書き換えをする強者も現れそうですね。

Xiaomiは本日、Xiaomi Redmi Note 5らしき端末でFCCを通過しています。→Xiaomi Redmi Note 5らしき端末がFCC通過、初の米国リリースか

Source:MyDrivers

前回の話
Xiaomi Mi6は2月6日に発表か、世界初Snapdragon 835搭載へ

Xiaomiの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SamsungとXiaomi、ARMベース常時接続PCに参加か #Windows10

SamsungとXiaomiがマイクロソフトとクアルコムのARM版Wi

Xiaomi Redmi 5/5 PLUS発表、2機種のスペック・価格・発売日・対応周波数

中国シャオミがコストパフォーマンスに優れたRedmiシリーズの最新モデ

Xiaomi Mi 7のレンダリング画像とスペックがリーク、Snapdragon 845搭載など

中国シャオミの最新フラッグシップ『Xiaomi Mi 7』についてレン

Xiaomi Redmi 5のスペックや画像、発売日・価格がリーク

中国シャオミの次期Redmiシリーズとなる『Xiaomi Redmi

次期ベゼルレス『Xiaomi Mi MIX 2s』とする画像リーク、iPhone X風に

中国シャオミの次期ベゼルレス・スマートフォンと思われる『Xiaomi

Xiaomi Redmi 5 Plusのレンダリング画像リーク、FullViewディスプレイか

中国シャオミは先日、Redmi Y1とRedmi Y1 Liteを発表

シャオミがWPC参加、Xiaomi Mi 7 はワイヤレス充電に対応か―Snapdragon 845などスペック

中国シャオミがワイヤレス充電の団体WPCに加盟しました。これによりXi

Snapdragon 835+RAM6GBの『Xiaomi Chiron』登場 #GFXBench

中国シャオミのベゼルレス・スマートフォン「Xiaomi Mi MIX

Xiaomi Mi MIX 2の開封・ハンズオン動画が公開される

中国シャオミが昨日発表した最新ベゼルレス・スマートフォン『Xiaomi

Xiaomi、最大メモリ16GB『Mi Notebook Pro』発表―スペック・価格

中国シャオミは現地時間9月11日、北京にて午後3時より開始された新製品

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑