速くて楽しい、折り畳み自転車『DAHON Boardwalk D7 2014』購入・試走レビュー

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 周辺機器

 機動力をあげるべく折り畳み自転車『DAHON Boardwalk D7』を購入しました。数ある自転車から選んだ理由と試走した感想・レビューを記録します。

DAHON-Boardwalk-D7-00

スポンサーリンク

『DAHON Boardwalk D7 2014』購入・感想レビュー

 数あるメーカーから「DAHON」を選んだ理由ですが、高額モデルがある「BROMPTON」や「BD-1」は、ママチャリと電動アシスト自転車しか知らずカスタマイズするまで成長できるかわからない状態で最初の1台に選択できませんでした。

 反対に低価格モデルを考えると、パーツを安価な仕様にした「DAHON OEM」などは安全面での不安があり、2万円弱の「DOPPELGANGER 202 blackmax」「BA-101」で改造して軽量・高速化できるスキルもないため選びませんでした。

 また、トラブルが外出先で発生した際、自転車ショップが対応できるだけのブランド・歴史も必要と思い、ほぼ同じような自転車メーカーながら「tern」よりも「DAHON」にしました。

DAHON-Boardwalk-D7-02

『DAHON Boardwalk D7 2014』を選んだ理由

 DAHONには『DAHON Boardwalk D7』のほかに下位モデル「Route」、上位モデル「Horize」「Speed Falco」があり、「Route」は定価1.1万円ほど安く心も揺れましたが、前回の比較記事で記したエンド幅を考え『Boardwalk D7』を選択。

 「Horize」は2014年登場のニューフレームで未知の不具合や万が一の故障やトラブル時を考えると、全くの初心者が手を出すのは危険と判断。「Speed Falco」は定価2.2万円ほど高いだけあり、速そうなオーラを纏っていて悩みましたが、盗難対策も未熟なまま購入すると悲劇が待っているだろうなどと考え、消去法で『DAHON Boardwalk D7』となりました。

『DAHON Boardwalk D7 2014』に乗った感想

 『DAHON Boardwalk D7』は漕ぎ出しから軽快に滑り出し、その新鮮な感覚に驚きました。ママチャリや電動アシストからすると、恐ろしく簡単に前へ進みます。自転車に初めて乗れた時の感動に近いものがあり、「自転車って楽しいもんなんだ」と『DAHON Boardwalk D7』を移動用としか見ていなかった自分を恥じるわけです。

 スピードや加速については、車体の軽さからか4~5速で漕ぎ出してもグングンとスピードに乗っていき、7速で漕ぐと相当なスピードがでます。しかもフィットネスバイクに乗っているような感覚があり、ママチャリで飛ばしていた若かりし頃の疲労感とは別の世界が待っていました。電動アシスト自転車の予備電池はもう買わないだろうと思います。

 心配していた歩道の「段差」は覚悟していたほどの衝撃はありませんが、サドルが固くお尻が痛いので立ちこぎ状態で通過するようにしています。次に「グレーチング」と呼ばれるよく見かける小さくて定期的にある排水蓋は、『DAHON Boardwalk D7』のタイヤが挟まることなくクリアできました。ただ全国共通で網の幅が決まっているのかわからないので油断はしないようにします。

 そういえば、外装ギアの使い方を教わりながらも、停車中にギアを変えるという習慣に抗えず、「ふんふふ~ん」と信号待ちでギアを6速から4速へ落とし、初日からチェーンを外し~手で引っ張り直す~という体験も味わえました。

 『DAHON Boardwalk D7 2014』に乗った感想をまとめると、「スピードは想像以上」で、「段差や小石などによるお尻への衝撃は長時間になるとキツイ」のでサドルか何か対策を考え、「ブレーキは強めな印象」で「車体のグラつきもなく」完成度の高い自転車で満足できる乗り心地でした。

『DAHON Boardwalk D7 2014』折り畳み体験の感想

 『DAHON Boardwalk D7』での折り畳みは5回も試せば10秒ほどで完了できるようになりました。良く考えられた設計に感心。

 折り畳んだ車体を片手で持ち上げ、サドル部分を体に密着させれば、車輪の強力マグネット接着により安定して移動できたので、輪行袋を使わずに室内の保管場所まで移動できそうです。

 あとはライトや鍵がないので、折り畳みの邪魔にならない位置を考えて購入、設置する必要がありそうです。

『DAHON Boardwalk D7 2014』の感想、まとめ

 『DAHON Boardwalk D7』は「折り畳み自転車は遅い」というイメージを覆し、それどころか「自転車って楽しいんだ」と教えてくれました。車や電車とともに活用できる自転車という最大のメリットを活かして遠出したいと思います。

 スマートフォンまたはタブレットを設置して、ナビやサイコン化したり、FOMAプラスエリアを探したり、明るいLEDライト搭載のモバイルバッテリーをライト代わりに装着するなどアクセサリー購入も楽しみです。

 その前にお尻が痛いのでサドル対策、そしてライトと鍵がないので急ぎ購入します。

DAHON Boardwalk D7

DAHON Boardwalk D7

DAHON Boardwalk D7
DAHON(ダホン)
価格: 52,325円 (15%OFF) レビュー0件(2014/04/26現在)

購入した2014年モデルは5色展開。



 前回の話
 モバイル(輪行)用に折りたたみ自転車やクロスバイクを比較した話―2014年4月

周辺機器の記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

任天堂、日本でも「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発表ー発売日・価格

任天堂は6月27日、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパ

任天堂、小型スーパーファミコン「SNES Classic Edition」発表ー発売日・価格・タイトル

任天堂は米国時間6月26日、日本ではスーパーファミコンとして販売された

クーポンあり、レビュー数300件超え『DBPOWER ミニ LED プロジェクター』開封レビュー

コンパクトなサイズながら1500ルーメンにHDMIやVGA、USB、S

4製品クーポンあり、15.6型ノートPCまで対応ビジネスバッグ『PLEMO MB03』開封レビュー

PLEMOブランドよりA4サイズのファイルを収納できる2WAYビジネス

6/30まで限定クーポンあり、リラックスできる『Airbibo アウトドアチェア』製品レビュー

これからキャンプやBBQに野外フェスなどが活発になる時期ですが、そんな

懐中電灯にもなる人感LEDライト『AVANTEK DL-01』開封レビュー、4製品クーポンあり

AVANTEKブランドの人感センサーや光センサーにマグネットまで搭載し

2WAYビジネスバッグや人感センサーライトなど4製品クーポン(6/30まで)、ステンレス鋼ピンセット『PLEMO SW-1』開封レビュー

幅広いアイテムを取りそろえるPLEMOブランドとAVANTEKブランド

ジャパンディスプレイ、4辺ベゼルレス「FULL ACTIVE」量産開始/Xperiaに採用か

ジャパンディスプレイ(以下、JDI)は6月19日、4辺のベゼルデザイン

AUKEYクーポンあり、トレッキングポール『HiHiLL TP-D1』開封レビュー

モバイル周辺機器を開発・生産し、20か国以上で販売している「AUKEY

割引クーポンあり、スマホ連携『1byone 体重·体組成計·体脂肪計』開封レビュー

電子機器などの研究開発、製造を行い日本やアメリカなど10か国で販売を展

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑