凄っ!! Wi-Fi SDカードリーダー / ルーター「TAXAN MeoBank SD」、3つの魅力

公開日: : 最終更新日:2012/11/23 Android アプリ, iOS アプリ, 周辺機器 ,

加賀ハイテック株式会社は、SDカードやUSBメモリのデータへ

Wi-Fi経由でアクセス可能なメディアサーバー「TAXAN MeoBank SD」を

2012年11月26日に発売します。

販売価格は税込5980円となっています。

とにかく機能が素晴らしいので記録しておきます。

meobank-sd-02

「TAXAN MeoBank SD」を発表、価格は5,980円

こんなデバイスを待っていたのかも知れません。

MeoBank SD」は、Wi-Fi経由でSDカードや

USBメモリーのデータを読み書きすることができます。

またPC にUSB ケーブルで接続すればSD カードリーダーになります。

内蔵バッテリーは【約3時間の連続動作】が可能となっています。

、、、と、ここまでは一般的になりつつある機能ですが

更に素晴らしい機能が3つ程あります。

その前に基本的な仕様を記録しておきます。

meobank-sd-01

サイズは「57 x 51.1 x 25 mm」 とコンパクトになっています。

対応OSとアプリについて

iPhone/iPad/iPod touch は App Store から専用アプリ(無償)をダウンロード

Android/Windows/Mac などはWeb ブラウザを使用

(Android/PCはブラウザ http://10.10.1.1 からアクセス可能)

ココが凄いよ、「MeoBank SD」

「これは凄い」という機能が幾つかあるのは非常に珍しい事です。

人によっては更に良い点、メリットが増えると思われますが

個人的に素晴らしいと思った機能をピックアップしてみました。

「MeoBank SD」の魅力1.【アクセスポイント機能】

MeoBank SD」はアクセスポイント機能を搭載しています。

Wi-Fi クライアント機能」という名称も使われている機能ですが

本体がインターネットに接続されていれば

Wi-Fi 設定を切り替えずにネットとカードリーダー機能を同時に使うことが可能です。

ワイヤレスNASとして使えるなら使い勝手は格段に上がりそうです。

2012/11/21時点では、オンリーワンなWi-Fiカードリーダーだと思います。

「MeoBank SD」の魅力2.【SDXC カードに対応】

何と「SDXC カード(最大64GB)に対応」しています。

現行の競合デバイスは「SDHCカード(最大32GB)」までという

現状を考えると優位性が引き立ちます。

先日 購入した「Air Drive」を64GBで運用していますが

裏技(フォーマット)という手間がありました。

MeoBank SD」は標準対応ということで魅力的に思います。

「MeoBank SD」の魅力3.【Wi-Fi ルーター機能】

なんと「有線LANポート」が搭載されています。

そしてWi-Fi インターネット環境を作ることが可能となっていて

旅行先の有線LANしかないホテル等では

アクセスポイント兼NASとなり大活躍することでしょう。

またWi-Fi Repeater 機能を設定することで無線LAN にも対応しています。

同時に5台までクライアントを接続」させることが可能で

これによりストレージ機能として役目を果たしながらも

インターネット接続も同時に可能ということです。

「MeoBank SD」の価格

2012/11/21時点の価格とレビュー数です。

アマゾンでは発売予定日が2012年11月26日となっています。

プライム対応なので当日か翌日に届きます。

WiMAXのアクセスポイントとしても欲しい、、、、

追記、、、「MeoBank SD」を注文してみました。

「TAXAN MeoBank SD」を予約注文してみた、使い方を考える(魅力と弱点)

Source : 加賀ハイテック

よく一緒に閲覧される記事

  •  
     

PAGE TOP ↑