Apple、『iOS 9.2.1』をリリース―バグ修正など

公開日: : iOS

 Appleは1月20日、モバイル端末向けOSの最新バージョン『iOS 9.2.1』をリリースしました。

ios9.01

Appleが『iOS 9.2.1』をリリース

 今回のアップデートでは脆弱性とMDMサーバを使用している場合にアプリのインストールを完了できない問題などのバグ修正が含まれているとのこと。

 一部メディアによるとiPhone 6sで発生したタイムゾーンのバグでバッテリー残量を誤表示する問題に関しては解決できておらず、今回のアップデートに含まれていないとのこと。

 アップデートはiPhoneなど端末直接かiTunes経由で実行可能で、端末からはWi-Fiに接続して「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」でアップデートすることができます。ファイルサイズは状況により30~40MB程度。

Source:arstechnica

よく一緒に閲覧される記事

マイナンバーをiPhoneで、政府がアプリ『マイナポータルAP』配信開始

内閣府は11月5日、iPhoneから行政サービスのログインや電子申

iOS13はダークモードとマルチウィンドウ、3本指でUndoなど新機能を追加か

Appleが6月3日の開発者会議で発表が予想されている次期モバイルOS

Apple、iOS 12.1の日本時間10月31日リリースを発表

Appleが1時間ほど前にiOSの最新バージョンiOS 12.1を日

→もっと見る

PAGE TOP ↑