レノボ、12型767gの2in1タブレット『ThinkPad X1 Tablet』発売 – プロジェクター・ペン対応などスペック・価格

公開日: : Lenovo ,

 レノボ・ジャパンは2月9日、モジュラー設計によりノートパソコンやプロジェクター・3Dカメラとしても使える軽量767gの12型2in1タブレット『ThinkPad X1 Tablet』を発売すると発表しました。

Lenovo-ThinkPad-X1-Tablet-00

『ThinkPad X1 Tablet』のスペック・特徴

 『ThinkPad X1 Tablet』は様々なシーンで使える独自のモジュラー設計によりバッテリーを追加したり、プロジェクター機能やインターフェイスの拡張、3Dカメラ、キーボードの脱着が可能で生産性の高いタブレットとなっています。

Lenovo-ThinkPad-X1-Tablet-04

主な仕様・スペック

 下記は販売代理店モデル(3モデル)を記したスペック表です。

 タブクル調べ
 tabkul.com
レノボ ThinkPad X1 Tablet
OS Windows 10 Pro 64bit 
CPU インテル Core m5-6Y57/m5-6Y54/m3-6Y30プロセッサ
RAM  4GB / 8GB
ストレージ 192GB(シリアルATA)
SDカード microSDカード対応
液晶 12インチ
解像度 2160×1440 / ゴリラガラス
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 800万画素
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1
USB フルサイズUSB3.0/Type-C
映像出力 Mini DisplayPort
サイズ 単:291×209.5×8.45mm
キ:291×209.5×13.65mm
重さ 単:767g/キ:1.065kg
バッテリー 37 Wh
価格 ¥202,000/¥219,000/¥224,000

 ※ ステレオスピーカー搭載

 サイズは『ThinkPad X1 Tablet』単体で291×209.5×8.45mm、付属のキーボード装着時で291×209.5×13.65mmとなっています。12インチで厚さ8.45mmを実現しています。

付属のThinキーボード

Lenovo-ThinkPad-X1-Tablet-03

 付属品として同梱される脱着式の「Thinキーボード」は鉛筆に隠れるほどの5.2mmという薄さながらThinkPad 伝統の TrackPoint とトラックパッドを内蔵、ノートパソコンとしての使い勝手においても優れています。

 12インチとして軽量な本体767gに「Thinキーボード」を装着しても僅か1.065kgに抑えられています。

プロジェクターとしても使える

Lenovo-ThinkPad-X1-Tablet-02

 プレゼンター・モジュール に内蔵されたピコ・プロジェクターは2 メートルの距離で60インチの大画面を投影可能、インターフェイスとしてHDMI入出力ポートを搭載しており共有にも対応するとしています。

2K解像度と手書き入力

Lenovo-ThinkPad-X1-Tablet-05

 『ThinkPad X1 Tablet』の2K (2160 x 1440) 高解像度 IPS パネルを採用した液晶はキズなどに強いゴリラガラスで保護、Dolby サラウンド・サウンド・テクノロジー対応ステレオスピーカーを搭載しています。

 また、Lenovo独自のWRITEit テクノロジーにより細かい描写が行えるペン『ThinkPad Pen Pro』が付属し、様々な入力フィールドへの手書き入力が可能となっています。予測入力や書き間違いの訂正機能も自動で動作するとのこと。

価格・発売日

 『ThinkPad X1 Tablet』は販売代理店向けにCore m3-6Y30+RAM4GBのモデル(製品番号:20GG0000JP)が202,000円、Core m5-6Y54+RAM8GBモデル(20GG001TJP)が219,000円、Core m5-6Y57+RAM8GBモデル(20GG000JJP)が224,000円となっています。

 いずれも2016年2月9日より出荷開始されており、レノボ・ショッピングでは2月19日より販売予定となっています。

 前回のレノボ
 レノボ、背面キックスタンド搭載12型タブレット『ideapad MIIX 700』発表―スペック・発売日

Source:レノボ・ジャパン

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑