Microsoft、評価用「Windows 10 Enterprise+最新の開発環境プリイン」仮想マシンを提供開始―Macでも利用可

公開日: : Windows , ,

 Microsoftは米国時間4月19日、Visual Studio 2015やIoT Core SDK、UWPサンプルなどの開発環境を含んだ「Windows 10 Enterprise Evaluation」の仮想マシンを開発者向けに公開しました。

 VirtualBoxなどに対応した仮想マシンが用意され、2016年7月9日まで試用可能。

microsoft-virtual-machines

Microsoft、評価用の仮想マシン Windows 10提供開始

 MicrosoftはUWPアプリやAzure向けWebアプリ、IoTアプリなどの開発・テスト診断を行うために評価用の仮想マシンを提供しており、今回は最新版として次の仮想環境向けに仮想マシンが用意されました。

  • Hyper-V
  • Parallels
  • VirtualBox
  • VMWare

 WindowsパソコンだけでなくMacでも利用できるようになっています。

仮想マシンの中身

 仮想マシンに含まれるOSや開発ツール、サンプルは次のようになっています。

  • Windows 10 Enterprise Evaluation, Version 1511 (Build 10586)
  • Visual Studio 2015 Community Update 2
  • Windows developer SDK and tools (Build 10586)
  • Windows IoT Core SDK and Raspberry Pi 2 (Build 10586.0.151029-1700)
  • Windows IoT Core project templates (Version 1.0)
  • Microsoft Azure SDK for .NET (Build 2.9)
  • Windows Bridge for iOS (Build 0.1.160324)
  • Windows UWP samples (Build 3.0.0)
  • Windows Bridge for iOS samples

 仮想マシンはWindowsデベロッパーセンターより入手可能で、ファイルサイズはOSから開発ツールにサンプルまであるため20GB程度になるようです。

 仮想マシンは2016年7月9日まで試用することが可能となっています。

Source:Windows

よく一緒に閲覧される記事

Windows11でAndroidアプリの実行テスト開始、必要条件など

米Microsoftは現地時間10月20日、Windows Insid

Windows 11 (Insider)のISOファイル配布開始、ダウンロード可能に

Microsoftは米国時間8月19日、開発チャネルとベータチャネル向

ATM/POS等に危険迫る、WindowsXPなどのソースコード漏洩か

銀行のATMやクレジットカード決済を行う際のPOSシステム、組み込みデ

→もっと見る

PAGE TOP ↑