iOS10の標準アプリ削除、アイコンとユーザーデータだけが対象

公開日: : iOS

 iOS10では電卓やカレンダーといった下図24個のビルトインアプリ(標準アプリ)をホーム画面から削除できる機能が追加されると発表され話題となりましたが、実際にはアイコンとユーザーデータ、任意の設定ファイルが削除されるだけのようです。

Apple-news-20160618

iOS10の標準アプリ削除機能、本体データは維持

 Cult of Macは、「iOS10」ベータ版を使って「iOS10」の新機能である標準アプリの削除を行ったところ、アプリ本体のバイナリはiOSデバイス内に残り、実際に削除されるのは”ホーム画面上のアイコン”と”ユーザーデータ”だけ(Appleの説明によると”任意の設定ファイル”も対象)であったという話を伝えました。

 標準アプリをホーム画面上に復元するためにはApp Storeでアプリ名を検索して雲アイコンを選ぶことで対応できるようですが、実際は再ダウンロードするわけではなくデバイス内に保存されたバイナリに対して再びリンクを貼りホーム画面にアイコンを表示させる仕組みのようです。

 そのような仕組みである事から記事冒頭にある24個の標準アプリを削除しても合計で150MB未満の空き領域しか確保できないようです。

 ホーム画面が見やすく、僅かであってもストレージに余裕ができるという程度に考えておくのが良さそうですね。

 Source:AppleCult of Mac

よく一緒に閲覧される記事

iOS13はダークモードとマルチウィンドウ、3本指でUndoなど新機能を追加か

Appleが6月3日の開発者会議で発表が予想されている次期モバイルOS

Apple、iOS 12.1の日本時間10月31日リリースを発表

Appleが1時間ほど前にiOSの最新バージョンiOS 12.1を日

WatchOS 5配信開始、トランシーバーやHey Siriの終了など

Appleは日本時間9月18日、転倒落下検知や心電図計測などで話題とな

→もっと見る

PAGE TOP ↑