FREETEL、5.7型フラッグシップ『KIWAMI 極 2』発表―価格・スペック・対応周波数

 プラスワン・マーケティングは10月6日、FREETELブランドの新製品発表イベントにおいてフルメタルボディのフラッグシップモデル『KIWAMI 極 2』を発表しました。

 発売日は2016年12月ごろ、価格は49,800円+税。

freetel-news-161006.04

FREETEL、KIWAMI 極 2の価格・スペック

 『KIWAMI 極 2』は画面サイズ5.7インチ解像度1920x1080のディスプレイをGorilla Glass 3で保護、筐体は金属製で重量168gとなっています。

 同時発表の5,000mAhバッテリー搭載”スタミナモンスター”を謳う「RAIJIN」とは異なり、MicroSDカードスロット非搭載でバッテリー容量は3,400mAhとなっていますが、高い処理性能を持つMediaTek製Helio X20チップ(最大2.3GHz/10コア)を搭載しているのが大きな魅力です。

スペック、主な仕様

freetel-news-161006.06

 

モバイル通信・対応周波数

 『KIWAMI 極 2』はデュアルSIM/デュアルスタンバイ(DSDS)仕様でSIMサイズはnanoSIMx2基、対応周波数は次のようになっています。

  • 2G(GSM): B2/3/5/8​
  • 3G(WCDMA): B1/5/6/8/19​
  • 4G(FDD): B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B​
  • 4G(CA): B3/19, B1/19

 Wi-Fi 802.11acまで、Bluetooth 4.1 に対応しています。

発売日・価格

 『KIWAMI 極 2』は2016年12月に発売予定で価格は49,800円+税としています。

 同時発表のRAIJIN記事へ
 FREETEL 5.5型『RAIJIN 雷神』発表、DSDS対応RAM4GB/5000mAhバッテリーなどスペックと価格・対応周波数

 Source:FREETEL

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑