30分で7時間駆動、『TOSHIBA dynabook V』シリーズ発表―スペック・価格・発売日

公開日: : 東芝 ,

 東芝クライアントソリューションは12月1日、都内で開催した新製品発表イベントにおいて2016年冬モデルとなる「dynabook V」シリーズの4機種4モデルを発表しました。

 価格は16万円前後から、発売日は12月9日より順次販売を予定しています。

toshiba-news-161202.00

『TOSHIBA dynabook V』シリーズ発表、スペック・価格・発売日

 『TOSHIBA dynabook V』シリーズは12.5型のタッチパネル付きフルHDの液晶を搭載した2in1コンバーチブルPCで、ディスプレイ部が360度回転しタブレットやノートパソコンとして使えるのが特徴です。

toshiba-news-161202.01

 顔認証・指紋認証や手書き機能などを備えています。上位モデル2機種はアクティブ静電ペンが付属してます。

4モデル共通スペック

 全4モデル共通で補強リブ構造を採用して打鍵感を高め輝度3段階のバックライトを備えたフルサイズキーボード、インターフェイスにフルサイズUSBx1基、USB Type-C(電源兼用)を備え、付属のUSB Type-Cアダプタを使う事でHDMIやUSB3.0、RGB、有線LANが利用できるとしています。

 またサウンド面ではharman/kardonとdynabookで共同開発したという専用のスピーカーユニットとスピーカーボックスのステレオスピーカーを搭載しています。

toshiba-news-161202.03

 アクティブ静電ペンは筆圧感知2048段階、芯径1.0mmの細いペン先を採用。

 本体サイズは幅約299mm×奥行き219mm×高さ15.4mm。重量は約1099g。

高い処理性能と長時間バッテリーの両立

 パフォーマンスの高いUプロセッサ(上位3モデル)の搭載を新開発の空冷ファン「W吸気新空冷システム 」によって約17時間の長時間バッテリ駆動を実現したほか、独自の急速充電機能「お急ぎ30分チャージ」で充電30分間で約7時間のバッテリー駆動を可能としています。

各モデルのスペック・価格・発売日

 処理性能と内部ストレージ、メモリは各モデルで異なっており、発売日はV82、V72、V62が2016年12月9日に発売、V42は2017年1月下旬に発売の予定としています。

toshiba-news-161202.02

dynabook V82/B

 最上位モデルとなる「dynabook V82/B」はIntel Core i7-7500U プロセッサ2.70GHz~3.5GHz、メモリ8GB、512GB SSDを搭載しています。

 価格は23万円前後。

dynabook V72/B

 「dynabook V72/B」はIntel Core i7-7200U プロセッサ2.50GHz~3.10GHz、メモリ8GB、256GB SSDを搭載しています。

 価格は20.5万円前後。

dynabook V62/B

 「dynabook V62/B」はIntel Core i7-7200U プロセッサ2.50GHz~3.10GHz、メモリ8GB、128GB SSDを搭載しています。

 価格は18万円後半。

dynabook V42/B

 「dynabook V42/B」はIntel Celeron プロセッサ、メモリ4GB、128GB SSDを搭載。価格は16万円前後。

toshiba-news-161202.05

 Source:東芝

よく一緒に閲覧される記事

東芝、1090gの13.3型『dynabook UX53/D』発表―指紋などスペック・発売日

東芝は6月1日、2017年PC夏モデルとして重さ1090gの薄型軽量1

30分で7時間駆動、『TOSHIBA dynabook V』シリーズ発表―スペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは12月1日、都内で開催した新製品発表

12.5型TOSHIBA dynabook RX82/A 発表、デジタイザペン2in1タブレットPCのスペック・価格・発売日

 東芝クライアントソリューションは7月12日、dynabookブランド

→もっと見る

PAGE TOP ↑