ファーウェイ・ジャパン、2.18万円デュアルSIM『HUAWEI nova lite』発表―スペック・価格・発売日・対応周波数

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は2月21日、SIMフリースマートフォンの新ブランド「novaシリーズ」から5.2インチの『HUAWEI nova lite』を市場想定価格21800円+税にて2017年2月24日(金)より発売すると発表しました。

Huawei-nova-lite-20170222

ファーウェイ・ジャパン、『HUAWEI nova lite』のスペック・価格・発売日・対応周波数

ファーウェイによると「nova」は新星という意味で、語源はファーウェイのイノベーションDNA—Innovationから来ており、アクティブでスマートな若年層に向けて特別に開発した製品としています。

Huawei-nova-lite-20170222.1

『HUAWEI nova lite』は画面サイズ5.2インチフルHD搭載でディスプレイ面を覆う立体的な2.5D曲面のガラスに加え前面と背面、両方のパネルにラウンドエッジ加工を施しており、持ちやすいコンパクトボディとなっています。

カメラ・指紋センサー

Huawei-nova-lite-20170222.2

背面1200万画素カメラには大型1.25μmピクセルのイメージセンサーを搭載、暗所で明るく鮮やかな発色を実現するほか、独自の色彩調整を施すことで、食べ物をおいしそうに写す「ナイスフード」、こだわる人のための本格マニュアル操作「プロモード」など様々な撮影モードを搭載しています。

前面800万画素では独自の撮影モードやセルフィーをかんたんにキレイに撮れる「パーフェクトセルフィー」や、ディスプレイを利用した「補助照明」などの便利機能を備えています。

CPU・RAM

『HUAWEI nova lite』の16nmプロセスKirin 655オクタコアCPUは強力な性能と低い消費電力を実現、RAM3GBと内部ストレージ16GBを搭載しゲームを思う存分楽しめるとしています。

Huawei-nova-lite-20170222.3

モバイル通信/対応周波数・バッテリー

『HUAWEI nova lite』は同時発表の『HUAWEI nova』とは異なりVoLTEやキャリアアグリゲーションに非対応、nanoSIMカードスロットx2基のデュアルSIM仕様ですが同時待受には対応していません。

対応する周波数は次のようになっています。

  • FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
  • TDD-LTE : B40
  • W-CDMA : B1/5/6/8/19
  • GSM : 850/900/1800/1900MHz

バッテリー容量は3000mAhで連続待受時間はLTE-FDD:約531h / WCDMA:約670h / GSM:約524h、連続通話時間はWCDMA:約21h / GSM:約36hとなっています。

スペック、主な仕様

 タブクル調べ
 tabkul.com
HUAWEI nova lite
OS Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPU Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
RAM 3GB
ストレージ 16GB
SDカード MicroSDカード最大128GB
液晶 5.2インチ
解像度 1920×1080
前面カメラ 800万画素F2.0
背面カメラ 1,200万画素F2.2
Wi-Fi 802.11b/g/n
GPS GPS/AGPS/Glonass/Beidou
Bluetooth Bluetooth 4.1
USB MicroUSB
サイズ 147.2×72.94×7.6mm
重さ 147g
バッテリー 3,000mAh

センサー:加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋。

価格・カラーバリエーション・発売日

『HUAWEI nova lite』のカラーバリエーションはホワイト、ブラック、ゴールドの3色展開、市場想定価格は21800円+税で発売日は2017年2月24日(金)となっています。

『HUAWEI nova』とは異なり家電量販店などで販売されず格安SIM・スマホのMVNO事業者で取り扱われるようになっています。

同時発表のスマートフォン

Huawei honor V9 発表、5.7型2K解像度にRAM6GBなどスペック・価格・発売日(中国で発表)

ファーウェイ・ジャパン、au対応デュアルSIM LTE+3G同時待受け『HUAWEI nova』発表―スペック・価格・発売日・対応周波数(日本で発表)

Huaweiの記事一覧

Source:HUAWEI nova lite

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑