OCNモバイルONE、お昼など混雑時の通信速度を最大3倍に改善と発表

公開日: : OCN , ,

NTTコミュニケーションズは5月24日、ドコモ回線を使ったモバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」において、2017年5月からNTT Comの設備内にトラフィックコントロール装置を導入することにより、通信速度やコンテンツ表示に要する時間の大幅な改善を実現したと発表しました。

OCNモバイルONE、混雑時の通信速度を最大3倍に改善

NTTコミュニケーションズは「OCN モバイル ONE」商用サービス環境下の検証で、昼休みなどの利用混雑時間帯における通信速度を最大3倍に改善、コンテンツ表示に要する時間を最大80%短縮する効果を確認したことを明らかにしました。

同サービスでは通信回線の継続的な増強や「バースト転送機能」の提供など、体感速度を向上するための取り組みを実施しており、今回のトラフィックコントロール装置の導入もその一環としています。

nttcom-news-20170525

今回導入したトラフィックコントロール装置により、データの送受信タイミングや送受信するデータ量を通信回線の混雑状況に応じて柔軟に調整が行えるため、パケット再送のトラフィック量を削減、従来よりも効率的なパケットの送受信が可能になったとしています。

Source:NTT com(PDF)

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑