ジャパンディスプレイ、4辺ベゼルレス「FULL ACTIVE」量産開始/Xperiaに採用か

ジャパンディスプレイ(以下、JDI)は6月19日、4辺のベゼルデザインをスリム化したスマートフォン用『FULL ACTIVE』を2017年6月より量産開始したと発表しました。

JDI-FULL-ACTIVE-news-20170619

JDIが4辺ベゼルレス「FULL ACTIVE」量産開始

JDIの「FULL ACTIVE」は2016年8月に開発が発表された液晶ディスプレイで当時は5.5インチとなっていましたが今回6インチ、アスペクト比は18:9としています。

「FULL ACTIVE」はJDI独自技術によりタッチセンサー機能をディスプレイに内蔵した第2世代Pixel Eyes製品で、更なる狭額縁化や黒の表現力向上、濡れた手で触れても誤動作しにくいという特長を持っています。

また、「FULL ACTIVE」について次のように説明しています。

本製品は、高密度な配線レイアウト・加工・実装の技術を追求し、従来、幅広であった画面下部のベゼルを大幅に縮小しました。この新しいモジュール構造は、表示画面とほぼ同じサイズの商品デザインが可能となるため、ユーザーインターフェイスの自由度を拡げ、新たな商品価値の創造に貢献します。

「FULL ACTIVE」の画素数は1080(横) × RGB × 2160(縦)としています。

これを受けて海外メディアではジャパンディスプレイにソニーも含まれていることから次期Xperiaが4辺ベゼルレスになるのではないかという記事が公開されています。

JDIは2017年1月に折り曲げられるフレキシブル液晶ディスプレイ『FULL ACTIVETM FLEX』の開発も発表しています。

JDI-News-170126

前回の話
JDI、5.5インチの4辺ベゼルレス『Full Active』液晶ディスプレイを開発

4辺ベゼルレスの話
4辺ベゼルレスで『Xiaomi Redmi Pro 2』登場か、Tianma社の全面ディスプレイ採用とも

Source:JDI

よく一緒に閲覧される記事

Raspberry Pi 4が初の値上げ、半導体不足が影響

英ラズベリーパイ財団は現地時間2021年10月20日、世界的な半導体不

携帯PCゲーム機「Steam Deck」にプレイ判断機能「Deck Verified」が追加

Valueは現地時間2021年10月18日、Steam公式モバイルゲー

すかいらーくが配膳ロボット「BellaBot」導入を発表、主な機能・スペック

すかいらーくホールディングスは2021年10月18日、配膳ロボット「B

→もっと見る

PAGE TOP ↑