お掃除ロボット「LAQULITO CZ-860」を注文、選んだ理由(サイズ比較)

公開日: : 最終更新日:2013/01/04 その他 ,

前回の記事で「LAQULITO」シリーズに絞るも最終的な使い道で悩んでしまいましたが

以前のツカモトエイムでは最上位機種「AIM-ROB03」を選んだこともあり

今回は LAQULITO CZ-860 を選択、その理由などを記録したいと思います。

CZ-860-1_R

LAQULITO CZ-860 を注文、選んだ理由

前回購入のツカモトエイム「AIM-ROB03」は

リモコン付き、オートチャージ、タイマー機能、ふきとり機能と至れり尽せりですが

実際、重要なポイントは「充電時間」でした。

もっと言えば「回転率」です。

なんだか飲食店みたいな話ですが、回転率です。

どんなに高級、多機能であろうと一日一回で50~60分しか稼働できないロボットと

一日三回、各50分稼働できるロボットを比較した時

やはり 後者が魅力的でした。

また、すでに多機能な お掃除ロボットは一台あるので

個室用では回転率が良いLAQULITO CZ-860 は最適な役回りだと思いました。

具体的に LAQULITO CZ-860 が良い所

仕様には「充電時間4時間で運転時間50分」という数字が踊っています。

これは素晴らしい。

効率良く充電、管理すれば1日3~5回は稼働できるかもしれません。

スペック上とはいえ他の「LAQULITO」シリーズにはない魅力です。

もう一つは、コンパクトなボディです。

  1. CZ-907:幅295×奥行き295×高さ75(mm)
  2. CZ-905:幅280×奥行き280×高さ70(mm)
  3. CZ-860:幅270×奥行き270×高さ76(mm)

高さが1mm大きいですが、1mmですから気付けないと思います。

円形のボディで最上位モデルより2センチもコンパクトになっています。

そんなわけで、最速充電でコンパクトな LAQULITO CZ-860 を注文しました。

LAQULITO CZ-860 は明日届くという事で 今から楽しみです。

価格の記録

2013/01/03時点の価格とレビュー数です。

<前回までの お掃除ロボット>

2台目の お掃除ロボットを欲しいので調査、品ぞろえが変わっていた話

追記、、、到着しました。

お掃除ロボット「LAQULITO CZ-860」が到着、開封レビュー

Source : LAQULITO CZ-860 製品ページ

よく一緒に閲覧される記事

今週の人気記事ランキングTOP10を振り返る「GPDやOPPOの新製品が上位に」(2019年1月4週目)

2019年1月20日から26日までの1週間で閲覧数の多い記事を10位か

賀正:タブクルより新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は当サイトを閲覧いただ

「Google Cast」がChromeブラウザに統合、インストール不要に

 Googleは米国時間8月29日、「Google Cast」をChr

→もっと見る

PAGE TOP ↑