Chrome OSがAndroidアプリのマルチタスク対応へ、動画

公開日: : Chrome OS

Chrome OSは2017年になってAndroidアプリが使えるようになり、利用価値が高まってきていますが、今回さらにWindowsやmacOSのようなマルチタスク作業が行えるようになる可能性が伝えられています。

AndroidParallelApps

Chrome OSがAndroidアプリのマルチタスク対応へ

Chrome OSは一部アプリを除いてバックグラウンドで動作することができない状態となっており、複数のアプリを開いても最前面のアプリだけが稼働状態で、それ以降のアプリは停止されています。

今回Chrome Unboxedが見つけたChrome OS 64のベータ版に搭載されている新機能「Android Parallel Tasks」で同時に複数のアプリが動作するようになるようです。

Chrome Unboxedがわかりやすくマルチタスクの違いを動画で紹介してくれています。

Windowsのようにマルチタスクが実現すればバックグラウンドで自動化アプリを稼働させることが可能になります。そうなると豊富なAndroidアプリを活かした作業環境が生まれそうです。

Microsoftもスマートフォンやタブレットに端末を近づけるWindows 10 on ARMをQualcommと展開しており、今後の展開が楽しみです。

Source:Chrome Unboxed

よく一緒に閲覧される記事

ワコムペンがChromebookに今夏上陸、『Staedtler Noris digital』発表/対応デバイス

Googleとステッドラーは米国時間6月26日、ISTE2018におい

Chrome OSがAndroidアプリのマルチタスク対応へ、動画

Chrome OSは2017年になってAndroidアプリが使えるよう

Google、Androidアプリに対応するChrome OS端末リストを更新

Googleが展開している低価格ノートデバイス「Chromebook」

→もっと見る

PAGE TOP ↑