第6世代iPadとApple Pencilで手書き入力アプリ『MyScript Nebo』レビュー

公開日: : Apple

第6世代iPadとApple Pencilを購入したので標準メモアプリ以外に何かないか探したところ、2016年11月4日のiOS無料セール記事で入手していたMyScript Neboがあったので試したという話です。

IMG_0545

第6世代iPadとApple PencilでMyScript Neboを試す

初回セットアップ

MyScript Neboの初回起動時にはApple Pencilの存在を確認する画面が表示されました。Apple Pencilで何かしらの手書き入力をすることで確認作業が完了します。

IMG_0007

新規ノートブックを作成するときに言語がEnglishだけなので日本語を追加しました。

手書き入力を試す

IMG_0008

ノートの場所に直接文字を書き込むと、その上にテキスト化された文字が表示されました。

IMG_0009

それをダブルタップするとテキストに変換されました。これは便利!!

文字を修正する&マーカー機能

IMG_0011

Apple Pencilという文字が正しく認識できていなかったので書き直したいので再びダブルタップして編集モードにしました。上図では誤字を線で囲み黄色のマーカーで目立たせています。

IMG_0012

Pencilという箇所を取り消し線またはグチャグチャと書き込んで削除しました。

IMG_0013

初回のチュートリアルで説明された改行を行いました。

IMG_0014

そこへ再びPencilと書いて、、、。

IMG_0015

ダブルタップで確認、問題ないので改行を戻して完成です。

IMG_0020

タイトルを書いて、下線を2重にひくとH1と表示されました。

IMG_0021

そのままダブルタップをするとH1となりました。

ダイアグラムを試す

IMG_0018

文字とは別にダイアグラムを選ぶと専用のスペースが追加されました。そこへ上図のような図形や矢印を書き込みます。

IMG_0019

ダブルタップで綺麗になりました。図形の中にある文字を変更したり、矢印の位置を訂正するといったこともできました。会議や授業などが捗りそうです。

画像の追加と画像に手書き入力

IMG_0022

最後はMyScript Neboの上部メニューにあるカメラまたは画像の選択で画像を貼り付けました。そこへ手書き入力をすると上図のように書き込むことができました。

画像の拡大縮小に合わせてサイズが変更されるので優秀ですね。簡単なプレゼン資料を作成するのに活躍しそうです。

他にもスケッチを選ぶことで専用のお絵かきスペースが現れるので漫画志望の方はネームを書くのに使っても良いかもしれません。

その他の機能

他にはメニューから数式を選ぶことで手書き入力による数式を認識して、回答を導き出してくれる機能がありました。計算が得意なコンピュータを有効に活用しています。

出力形式はHTMLとPDF、Wordにエクスポートできるようになっていました。

MyScript Neboの文字認識は良好、多少いそいで書いても認識してくれました。

欲を言えばファイル管理の機能が少し少ないように感じたので強化してもらえると有難いと思いました。

前回の話
第6世代iPad 購入、開封レビュー/Apple Pencilで手書きを試す

最新のiPad記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

Apple、米国で『iPhone SE』を値引きして販売を再開・最大16500円OFFに

Appleは2018年9月に販売を終了したSIMフリー版『iPhone

ワイモバイルが『iPhone 6s』を一括500円などに緊急値下げ、新規・MNP向け

Y!mobile(ワイモバイル)が販売している『iPhone 6s』の

次期iPhone XS Max、光学3倍ズームや15Wワイヤレス充電など搭載か

2019年秋リリースの次期iPhone XS Maxについて15Wワイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑