アマゾンが『Amazon Pay』でスマホ決済参入、美容室や飲食店の支払いに

公開日: : アプリ ,

アマゾンジャパン合同会社は8月29日、飲食店や美容院、衣料品店などの実店舗で支払いに使えるスマートフォン決済『Amazon Pay』を開始しました。

news-amazon-Pay

アマゾンが『Amazon Pay』でスマホ決済参入

『Amazon Pay』ではオンラインストア「Amazon.co.jp」で登録しているAmazonアカウントを使って実店舗のサービスや買い物を購入できる決済サービス。

アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部 本部長の井野川 拓也氏は、次のように述べています。

「この度、実店舗において簡単にお支払いいただけるAmazon Payスマートフォン決済を提供できることを嬉しく思います。これにより、Amazonアカウントでお買い物いただける商品やサービスの品揃えが拡大し、お客様の利便性が向上すると考えています。また、今回、サービス提供開始にあたり協業いただいたNIPPON PAY様ならびに、NIPPON Tablet様に、御礼申し上げます。引き続き、様々な規模、業態、販路で事業を展開される販売事業者様のビジネスをサポートできるよう、Amazon Payのサービスの強化に努めてまいります。」

Amazon Pay決済の流れ

現在、実店舗でのスマートフォン決済は、Amazon Payの公式認定制度「グローバルパートナープログラム」のパートナーであるNIPPON PAYの完全子会社NIPPON Tabletのタブレット端末が設置されている店舗にて利用できるとしています。

1) Amazonショッピングアプリを起動する

2) 左上のメニューを開き、「プログラムと特典」の中にある「すべてを見る」をタップ

3) 「Amazon Pay」をタップ

4) QRコードが表示される

5) 店頭の対応端末でORコードを読み込む

6) 支払い完了通知がメールで届く

AmazonショッピングアプリはiOS/Android向けに提供されているアプリで、ユーザーはQRコードを表示し、店舗側が専用タブレットで読み取り支払いが完了。サービスは8月29日から福岡市、東京都の数十店舗からスタートします。

最近ではLINEの「LINE Pay」、NTTドコモの「d払い」、ソフトバンクとYahoo!の「PayPay」など新規参入が相次いでいます。アマゾンは『Amazon Pay』の「決済手数料0%」を掲げてレッドオーシャンへ飛び込みます。

前回の電子決済
マクドナルド、スマホ注文で行列解消『モバイルオーダー』テスト応募の期間延長

電子決済の最新記事

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑