トレンドマイクロ、ウイルスバスターなどiOS/Mac向け計12アプリ公開停止を受け声明発表

公開日: : アプリ ,

トレンドマイクロ社は9月12日、ウイルスバスターなどiOS/Mac向け計12アプリがMac App StoreとApp Storeで公開停止されていることを受け声明を発表しました。

Trendmicro-browser-history

トレンドマイクロ、アプリ公開停止で声明を発表

トレンドマイクロは9月12日に下記アプリ公開停止になっていることを明らかにしました。

・ウイルスバスター モバイル(iOS版)
※ウイルスバスター クラウドからのダウンロードもご利用いただくことができません。
・パスワードマネージャー(iOS版)
・ウイルスバスター for Home Network(iOS版)
・ウイルスバスターマルチデバイス月額版(iOS版)
・ウイルスバスターモバイル月額版(iOS版)
・ウイルスバスター+デジタルサポート月額版(iOS版)
・パスワードマネージャー月額版(iOS版)
・フリーWi-Fiプロテクション(iOS版)
・Jewelry Box (iOS版)
・ライトクリーナー/ライトクリーナーLE

・(法人向けアプリ)Trend Micro Mobile Security (iOS デバイス)

そして、次の声明を発表しています。

トレンドマイクロがユーザデータを不正に取得し、中国のサーバへ送信しているという報道がありましたが、それは誤りです。
トレンドマイクロのmacOS向け製品であるDr. Cleaner(国内製品名:ライトクリーナー LE)、Dr. Cleaner Pro(国内製品名:ライトクリーナー)、Dr. Antivirus、Dr. Unarchiver、Dr. Battery、Duplicate Finder は、アプリをインストールする直前の24時間以内のブラウザ履歴を一度だけ取得します。
これらのデータを取得するのは、ユーザがアドウェアやその他の脅威に遭遇したかを分析するなど、セキュリティの目的及び製品やサービスの品質改善のためです。
上記以外の当社の法人向け及び個人向け製品にはブラウザ履歴を取得する機能は含まれておりません。

なお、日本国内で提供しているのは、ライトクリーナー LEならびにライトクリーナーです。

前述のブラウザ履歴などのデータは、AWS上のトレンドマイクロが運営するUSにあるサーバへアップロードされておりました。
当社はお客さまのご懸念を踏まえて、製品からブラウザ履歴に関するデータを取得する機能を削除しました。
加えて、USのAWSサーバ上にあるブラウザ履歴に関するデータも削除しました。

お客さまにはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

声明内の記述にもありますが、アプリからブラウザ履歴に関するデータ取得機能は削除、またサーバー上のデータも削除済みということです。

しかし、記事投稿時点で同社製のアプリはApp Storeで公開されていません。

前回の話
トレンドマイクロがブラウザ閲覧履歴を無断送信、AppStoreから削除

リンク:トレンドマイクロ()(

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑