iOS 12配信開始、iPhone 5s/iPad Airから全て高速化やARアプリ「計測」/Siriショートカット提供など

公開日: : iOS

Appleは9月18日、WWDCで発表したモバイル端末向けOS「iOS 12」の配信を開始しました。古い端末でもパーフォーマンス向上をするほか、新しい機能も追加されています。

Apple-news-20180918

iOS 12配信開始

今回リリースされたiOS 12はiPhone 5s/iPad Air/iPad mini2/iPod touch (第6世代)以降のデバイスをサポート、カメラ起動が70%高速化、キーボード表示は50%高速化してタイプ入力も改善、デバイス高負荷時のアプリ起動スピードは最大2倍高速化したとしています。

古い端末に最新OSを入れると遅くなるイメージがあるなかで高速化、改善される嬉しいアップデートとなっています。

AI機能「Siri」では特定の動作をプログラムできるアプリ「ショートカット」をSiriから実行できるようになりました。

新しいARKit2ではAR空間を複数人で共有、新たなファイル形式USDZを使ったAR Quick Lock機能による3DオブジェクトのWeb配布も行えるようになりました。

設定メニューに追加された「スクリーンタイム」では1日のデバイス起動時間やアプリの使用時間が確認可能、制限を設定することで使い過ぎを防止できるようになっています。

iPhone X /XS / XR 限定でアニ文字の拡張で自分にそっくりなアバター「ミー文字」が作れるようになり、そのキャラはメッセンジャーのステッカーやFaceTimeで利用可能。

その他、「Apple Music」では歌詞検索に対応、Apple純正「測定」アプリの提供、ボイスメモや株価、ブックもデザインが更新されています。

リンク:iOS12 / AR Quick Lock / アプリ「ショートカット

よく一緒に閲覧される記事

iOS13はダークモードとマルチウィンドウ、3本指でUndoなど新機能を追加か

Appleが6月3日の開発者会議で発表が予想されている次期モバイルOS

Apple、iOS 12.1の日本時間10月31日リリースを発表

Appleが1時間ほど前にiOSの最新バージョンiOS 12.1を日

WatchOS 5配信開始、トランシーバーやHey Siriの終了など

Appleは日本時間9月18日、転倒落下検知や心電図計測などで話題とな

→もっと見る

PAGE TOP ↑