爆速!ソニーの次世代メモリカード『CFexpress Type B』は今夏リリース

公開日: : 周辺機器 ,

ソニーは2月28日、最大読み出し速度1700MB/sで最大書き込み速度1480MB/sという超高速次世代メモリーカード『CFexpress Type B』を開発中として、2019年夏に商品化する計画を発表しました。

SONY-CFexpress-Type-B

ソニー『CFexpress Type B』は今夏リリース

ソニーはCompactFlash Association(コンパクトフラッシュアソシエーション)によって策定された新しい記録メディア規格「CFexpress」対応の”超高速次世代メモリーカード”として『CFexpress Type B』(128GB)の開発を進めており、その最大読み出し速度は1700MB/s、最大書き込み速度1480MB/sという一般的に使われているSDカードを大幅に超えた性能となっています。

『CFexpress Type B』は2019年夏に128GBの商品化を予定、今後256GBと512GBの大容量モデルも検討するとのこと。

また、CFexpressカードに最適化した新カードリーダー(USB3.1 Gen2対応)の開発も明らかにしています。

高速データ転送に対するニーズは動画の普及で高まってきており、カメラではNikon ZシリーズとパナソニックのLUMIX S1シリーズがCFexpressと互換性のあるXQDをサポートしています。

しかし、CFexpressのプロトコルはNVMeを採用しているため、カメラ側でのファームウェア更新が必要、2社とも今後アップデートで対応するとしています。

40K/60pの動画が撮影できるフルサイズ一眼が増えるとメモリカードもSDカードとは別に用意することになりそうですね。40K/60pでクロップ(拡大)されないフルサイズ一眼をリリースするメーカーが楽しみです。

リンク:SONY

よく一緒に閲覧される記事

PASMO、年内にiPhone/Apple Watchに対応へ

PASMO協議会は2020年8月6日、年内にもAppleの電子決済

最大75%OFF、セガがPSとSwitchの全35タイトルを値下げ中(8/4まで)

セガがPlayStation™Storeおよびニンテ

USB-C1本で動く17.3型モバイルモニター開封レビュー、限定50台クーポン

13インチMacBook Proを使っていて画面サイズに不満はなか

→もっと見る

PAGE TOP ↑