microUSBで映像が出力できる「MHL」とは、HDMIとの違い他

公開日: : 周辺機器

Xperia Table Z」が「MHL」に対応していました。

MHL」とは何か、映像出力 や 音声出力の範囲、給電できるのかなど

HDMIとの違いをはじめ出来ることを調べたので記録します。

MHL-USB

「MHL」とは

MHL」は、モバイルデバイスとHDテレビやモニターを接続する際に利用する規格です。

米Silicon Image社が開発、“モバイルな高精細のリンク”という意味の

「Mobile High definition Link」から由来されているそうです。

「MHL」の特徴

MHL」は高品質な映像と音声の転送に対応しているのが特徴ですが

無制限に対応というわけではありません。

  • 既存のmicroUSBポートが流用可能で専用ポートが不要。
  • 映像は、1080p(30fps)のフルHDまで対応
  • 音声は、7.1chのサラウンドまで対応
  • コンテンツ保護に対応(コピープロテクト出力が可能)
  • 機器間での電源オン/オフ制御といった連携に対応
  • 専用アダプターでHDMI信号への変換が可能
  • microUSBポートを流用するので給電できる(電力供給に対応

microUSBポートが使えるので普及が容易であることに加え

専用アダプターにより既存のモニターやテレビのHDMI入力端子に繋げることも可能など

既存技術を上手に活用している規格といえます。

既存のHDMIとの違いは何か

映像転送規格といえば、先行しているHDMIの存在が挙げられます。

スマートフォンなど小型機器には「type D」ポートが搭載されていますが

MHL」との違いは、電力供給に対応している点です。

それにより、スマートフォンとテレビを接続して映像を出力中でも

同時にスマートフォンを充電することが可能になります。

映像出力と同時に充電が行えるのはMHL」と HDMI の大きな違いです。

動画再生中のバッテリー切れは辛いので嬉しい機能ですね。

Miracastなどのワイヤレス映像出力との違い

無線LAN技術の進歩により Wi-Fi で映像を出力できる Miracast などが登場しています。

実際に利用したユーザーの評判を調べてみるとワイヤレスならではの問題として

映像の遅延が見られるといったレビューがありました。

その点、有線で映像出力できる「MHL」は遅延問題は防げそうです。

既存の microUSBポートが使える上に充電にも対応しているなど

今後の主力になる規格かもしれません。

MHL専用HDMI変換コネクター

BSMPC09BK

価格 : 送料込み 1,307円 (レビュー49件

よく一緒に閲覧される記事

先着20%OFF、ANKERで最小最軽量のワイヤレスイヤホン「Anker Soundcore Life P2 Mini」発売

アンカージャパンは9月23日、Soundcoreシリーズにおいて歴代で

(発売記念20%還元)ANKER、256GB SSD内蔵のUSBハブ発売

Anker Japanは9月22日、USB-Cポートに接続するUSBハ

(ライフハック)1kg=400円の乾燥大豆から豆乳・枝豆・もやし等をつくろう。

近所のスーパーやネットショップで販売している格安の「乾燥大豆」を使うと

→もっと見る

PAGE TOP ↑