僅か18.3gのInsta360 GO発表、日本からもハンズオン動画・価格

公開日: : 周辺機器 ,

Insta360Go

360度撮影で有名なInsta360が新たに僅か18.3gという超小型アクションカム『Insta360 GO』を発表しました。すでに日本のYouTuberたちがハンズオン動画を公開しています。

Insta360 GO発表、ハンズオン動画と出来ること

片面だけにカメラを搭載した『Insta360 GO』は同社が販売してきた製品とは異なり360度撮影ができません。それでもブランド名ゆえか「Insta360」という名前になっています。

本体サイズは49.4×21.4×14.85mm、重さが18.3gという小さな筐体は、洋服や防止などに取り付けて撮影できるため、従来の手に持つアクションカメラとは違う使い勝手を実現、ペットに装着して動物視点を楽しむことも可能となっています。

防水性能はIPX4と高くはありませんが、動画を見る限りウォータースポーツでも使われています。

6軸ジャイロスコープを内蔵した手ぶれ補正機能「FlowState」でInsta360らしいブレない映像が撮れるほか、豊富な付属品も魅力です。

ピボットスタンドで自動車やスノーボードに取り付けたり、クリップで防止に、マグネット内蔵ストラップを首にかけて洋服の上に『Insta360 GO』を吸着させるといった柔軟な撮影が可能。

実際に使ったときのイメージは公式の紹介動画にて確認できます。

小さな筐体ゆえに撮影も独特で、本体をタップすると最大30秒の動画撮影が開始、インターバル撮影とタイムラプス撮影に対応、保存できるストレージは8GBとなっています。

専用の充電ケースはUSB経由でスマートフォンへ映像を転送できるほか、バッテリーを内蔵し最大2.5回まで充電可能、最大で約200回のビデオ撮影が可能とのこと。

そのため、200回x30秒が撮影できる限界ということになります。

Insta360といえばアプリが充実していますが、『Insta360 GO』向けアプリには食べ物や笑顔、風景といったテーマに沿った自動編集機能、マニュアルの編集機能を搭載しています。

ハンズオン動画も登場

日本のYouTuber向けに試供品が配られており、カメラでお馴染みJETDAISUKE氏をはじめハンズオン動画が公開されています。

Insta360 GOの直販サイトにおける販売価格は23800円、FedEXかDHLで発送され、送料は無料となっています。

Insta360 Go製品ページ

よく一緒に閲覧される記事

ドンキが49800円の50型4K/QLED液晶テレビ(と58型)を発表、発売日

ドン・キホーテは5月14日、プライベートブランド「情熱価格プラス」

旅行や衣替えに、圧縮袋・圧縮バッグ比較5選

最初は冬物をコンパクトに収納すると言う目的で検索していたが、 調べ

無印良品、Amazonでの販売開始

良品計画は5月1日、同社が展開する「無印良品」の約250商品をAmaz

→もっと見る

PAGE TOP ↑