レビュー253件のゴリラポッド風な三脚を購入、激安1379円で一眼レフに使えるか

公開日: : 周辺機器

Vikrin-sankyaku

アマゾンのタイムセール祭りにあわせて実施されているポイント還元を満たすべく、以前より欲しかったゴリラポッド、、、風な三脚を購入した。

さっそく到着したので開封から実際にEOS KISS X9を装着した感想を記録したい。

ゴリラポッド風な三脚を購入レビュー

フレキシブルな三脚と言えばJOBYのゴリラポッドだ。

当初それを購入するつもりでいたが耐荷重1Kgでは不安、3Kgではオーバースペック(重いのもある)に感じ、耐荷重2Kgモデルがあれば良いのにと勝手なことを言いながらアマゾン内で探し回っていた。(販売されているのかもしれないが祭りの期間中は見つからなかった)

Jobyゴリラポッドのレビュー数は10件から20件などで、高評価もあるが不満の声もあった。レビュー数が100件以上あれば割合から初期不良の状況と対応を想像できるが件数が少なくて購入の決め手に欠けていたのもある。

そんな時にVikrinの三脚に出合った。

JOBYの耐荷重1Kgモデルがプライム対応4388円(レビュー27件)なのに対し、Vikrin三脚は耐荷重3㎏でプライム対応1379円(レビュー数253件)となっている。自由雲台は別売りなのが残念だがレビューを見る限りゴリラポッドで行いたいことは実現できそうだ。

価格とレビューからVikrinフレキシブル三脚を購入することにした。

Vikrinフレキシブル三脚レビュー

IMG_7409

価格から期待はしていなかったが、梱包はシンプルだった。収納袋が欲しいときは別途購入しよう。

IMG_7410

袋から中身を取り出すと三脚とスマホホルダーがあった。1500円以下で実用的ならコストパフォーマンスに優れた商品と言えそうだ。

IMG_7411

さっそく開脚する。イメージしていたよりも1つ1つの節がガッチリしていた。意図的に少し力を加えないと思ったところへ曲がらない。

IMG_7412

真っ直ぐな状態でも使えたが上図のようにすると段差のある場所でも柔軟に対応できた。こうなると水平器のある雲台が欲しくなる。

アルカスイス互換の雲台を別途購入すればPeak designとも一緒に使えそうだ。

IMG_7413

ここで手持ちのEOS KISS X9を装着しようとしたがネジの大きさが合わなかった。

IMG_7415

上図のように大ネジ(3/8インチ)を回して外すと小ネジ(1/4インチ)となりEOS KISS X9を直接取り付けることができた。

実際に使ってみて

2019-09-24 18.17.07

さすが製品説明に耐荷重3Kgとあっただけあって上図のような持ち方をしても微動だにしない。上図のレンズサイズであれば2本を掴んだ状態で強く前後に振ると少し曲がる感じ、1本では簡単に曲がってしまう。

2019-09-24 18.18.55

フレキシブル三脚を購入して試したいこと上位に位置するであろう垂直の棒に取り付けるというシーン。これも問題なく行えた。

通常の三脚を設置できない場所、三脚では届かない高さを可能にする撮影方法だ。これと凸凹した場所でも使えるので大抵の状況に対応できる。

やはりフレキシブル三脚は1台あったほうが良いと思った。

⇒最新の価格・在庫状況はVikrinフレキシブル三脚の販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

特別クーポンあり、一眼レフ対応の3軸小型スタビライザー「MOZA Mini-P」開封レビュー

前回のスマホジンバルに続き、MOZAより一眼レフ対応の3軸小型スタビラ

チェアマットはポリカ製が正解だった話、購入レビュー

これまでチェアマットとして絨毯を敷いていたが埃を排出して掃除が大変だっ

機動力あるスマホジンバル「MOZA Mini MX」開封レビュー、特別クーポンあり

以前スマホジンバルを購入したときは、その目立ちようと重さに耐えられ

→もっと見る

PAGE TOP ↑