Apple、iPhone向けキーボード保護ケース特許を取得

公開日: : Apple

iPhone-leaks-20191107.1

Appleは現地時間11月5日、iPhoneやiPadなどのシリーズでスタンドやキーボード装着に使うことを想定した保護ケースの特許を取得した。

Apple、キーボード付き保護ケース特許を取得

米国特許商標庁が認可したのは現地時間11月5日、申請名称は「Peripheral housing for a computing device」でコンピュータ端末向けの補助ケースとなっている。

iPhoneやiPadを保護する側のケースは、一般的なクリアケースといった印象で「蓋」としても想定されているであろうケースについては「物理的な支え」という文言があることからスタンドになると思われる。

そして、記事冒頭の画像に加え、キーボードが収められた画像も用意されていた。

iPhone-leaks-20191107

上図のキーボードをApple向けにサードパーティが用意するということは考えにくいことから同社が自らキーボードを提供するという可能性も期待できる。

しかし、よく見ると上図にある2つのケースはサイズ感がおかしい。これは1つのケースiPadを入れてキーボード化、もう1つのケースにはiPhoneを入れてディスプレイにするといった使い方をしている画像かもしれない。

確かにiPhoneとiPadを持ち歩く人はいて、2つを上手く使うことでノートパソコンのように使うこともできるだろう。この方法ならAppleが開発するキーボードはiPadOS内で行われることになる。

Source:USPTO / Cult of Mac

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE第2世代向け、360度のぞき見防止 Agrado保護フィルム購入レビュー

昨日の保護ケースに続き、本日はiPhone SE第2世代向け360

第2世代iPhone SE向け、薄型TORRAS保護ケース購入レビュー

先日よりメイン端末として使用しているiPhone SE第二世代が問

iPhone12 miniのコンセプト画像が登場

2020年秋のリリースが期待されている5.4インチiPhone (

→もっと見る

PAGE TOP ↑