Fire 7 代替候補に、SIMフリー6.98型が7,136円で販売中

公開日: : 値引き・お得情報 ,

Alldocube-iPlay-7T

Amazon.co.jpでは120件のというレビューを集めているFire 7 の代替候補として良さげな4G対応の6.98型『Alldocube iPlay 7T』が50点限定で7,136円という特価セールとなっている。

『Alldocube iPlay 7T』はFire 7 代替候補になるか

アマゾンが展開している人気のFireシリーズで最も小さく最も安いFire 7は7インチで解像度は1024x600、CPUは1.3GHzクアッドコアでRAM1GB、モノラルスピーカーにmicroSDカードスロット搭載という構成で5980円となっている。

それに対する『Alldocube iPlay 7T』のスペックを見てみると画面サイズは6.98インチで解像度は1280x720というHD対応、CPUは1.4GHz クアッドコアでRAM2GB(microSDカードスロット最大256GB)だ。

ここまでで解像度とCPU、RAMで優れていることがわかった。

ここから『Alldocube iPlay 7T』にしかない魅力を見ていこう。

まず、インターフェイスがUSB-Cと最新規格となっている。もしスマートフォンがUSB-C搭載モデルならUSBケーブルは1本で済む。

次にデュアルSIMカード(MicroSIM)で4GはB1/3/7/8/30に対応。さらにGPSを内蔵している。

OSはFire 7がFire OS、『Alldocube iPlay 7T』はAndroid 9となっている。過去の記事を振り返るとFire OSはアマゾンのサービスしか利用しないのであれば最適化されて使いやすく、無理やりカスタマイズする喜びもあるが些細なアップデートでも戻されてしまうので、気軽さはAndroid OSモデルが良い。

Alldocube-iPlay-7T.01

価格・ストレージ

Fire 7はWi-Fiモデルしか用意されておらず、16GBモデルは5980円。『Alldocube iPlay 7T』は4G/GPSモデルしか用意されておらず16GBは7,136円だった。2機種の価格差は1,156円となる。

『Alldocube iPlay 7T』を検討する際はアマゾンのレビュー120件(トップ評価順に表示)を参考にするとよいだろう。

今回、日本向けセールを実施しているのは海外ショップBanggoodだが、いつものようにクーポン配布ではなく50点限りの特価セールとなっている。

⇒最新の価格・在庫状況はBanggoodの『Alldocube iPlay 7T』販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

定番ノート「Notability」のmac版が80%OFFに、液タブ対応

2019年2月にアップルが日本向けに公開した「iPad Pro」の

Adobe製品が最大27%オフ、Amazonで期間限定SALE開催中

イラストレーターなどAdobeのクリエイティブ制作ソフトが5月29日2

アマゾンでHuawei製品が特価に、P30 liteなどスマホ/タブレット/PC他が特選タイムセール中

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいて、本日5月2

→もっと見る

PAGE TOP ↑