PASMO、年内にiPhone/Apple Watchに対応へ

公開日: : 周辺機器 , ,

PASMO 20200806181306

PASMO協議会は2020年8月6日、年内にもAppleの電子決済サービスApple Payに「PASMO」を対応させると発表した。これによりiPhoneやApple Watchで、PASMOによる電車・バスの乗車が可能になる。

PASMO、年内にiPhone/Apple Watchに対応へ

2020年3月18日からAndroid限定で提供が開始されていたモバイルPASMOが、ようやくApple製品でも利用できるようになる。

モバイルPASMOは交通系ICカード「PASMO」のように、電車やバスの運賃支払いや電子マネー決済による買い物ができるになる予定で、Android版と同じく定期券の購入が可能となれば、AppleユーザーはSuicaの定期券が利用できない区間でもカードレスになる可能性が出てきた。

Androidバージョンを発表した当時はモバイルSuicaと共存できるのは6期種だけということで話題になったが、Apple端末でも何らかの制限が発生するのかも注目される。

Apple製品向けモバイルPASMOの具体的なサービス内容や提供開始日は詳細が決まり次第告知するとしている。

Source:PASMO協議会(PDF)

よく一緒に閲覧される記事

Nintendo Switch Proは4K/OLEDでバッテリー改善か、米任天堂社長の言葉

任天堂のファームウェアから以前より噂されていた「Nintendo Sw

ゲーミング毛布 『わたタンク』(BHB-1600)発売、肩まで布団に入ってスマホを

ビーズが冷えやすい首元まで毛布をしっかり被りこんだまま快適にスマホを操

MOFT、iPhone12向けMagSafeスタンド兼ウォレット発表

MacBookやiPadのスタンド兼ケース、保護カバー兼スタンドな

→もっと見る

PAGE TOP ↑