ゲーミング毛布 『わたタンク』(BHB-1600)発売、肩まで布団に入ってスマホを

公開日: : 周辺機器

ビーズが冷えやすい首元まで毛布をしっかり被りこんだまま快適にスマホを操作できるというゲーミング毛布「わたタンク BHB-1600」発売した。

ゲーミング毛布 『わたタンク』(BHB-1600)発売

ゲーマー向けなのかはわからないが全身を覆う着るタイプの毛布は僅かながら種類を増やしつつある。そして、今回ありそうでなかったゲーミング毛布が誕生、その特徴を箇条書きにした。

  • 独自アームホールで首もとまで毛布に入ってスマホを操作
  • 毛布は2枚合わせ
  • ポリエステル綿1000g充填で暖かい
  • 側生地&中綿の両方に機能性繊維を採用
  • 湿度を吸って繊維そのものが発熱
  • 全体の30%は蓄熱綿
  • 内側はマイクロファイバー生地を採用。
  • 丸洗い可能
  • サイズは2000x1600mmと大判

具体的な素材の割合は次のようになっていた。

表地:ポリエステル 95%、ポリウレタン 5%
裏地:ポリエステル 100%(毛羽部分)、ポリエステル 50% & レーヨン 50%(グランド部分)
中綿:ポリエステル 100% ※蓄熱綿 30%使用

カラーバリエーションはブラック、ブルー、レッド、グリーンの4色展開となっている。

Bauhutte BHB 1600

スマートフォンが手放せない時代なのに、ギーク向けとして誕生したのは意外に思える。巣篭もり需要もあって類似製品が数多く登場しそうなアイテムだ。

価格はアマゾンで11,580円、楽天市場でも複数のショップが販売していた。

よく一緒に閲覧される記事

携帯PCゲーム機「Steam Deck」にプレイ判断機能「Deck Verified」が追加

Valueは現地時間2021年10月18日、Steam公式モバイルゲー

すかいらーくが配膳ロボット「BellaBot」導入を発表、主な機能・スペック

すかいらーくホールディングスは2021年10月18日、配膳ロボット「B

TCL、最新の透明カラーレンズ搭載スマートグラス動画を公開

中国TCLは現地時間10月15日、MicroLEDディスプレイで実現し

→もっと見る

PAGE TOP ↑