28万円かけた医療レーザー脱毛より市販品が良かった話。

公開日: : 最終更新日:2021/03/23 周辺機器

自粛期間で中断していた医療レーザー脱毛の代わりに購入した市販品のレーザー脱毛器が身の毛もよだつほど効果的だった。

都度会計のクリニック(皮膚科)に通っていたからなのかはわからないが、医療用のレーザー脱毛料金28万円+税より効果があったので、その感想をシェアしたい。

医療レーザー脱毛より市販品が良かった話。

はじめに医療レーザー脱毛を受けたクリニックへ通った回数と内容を書きたい。

  • ヒゲ脱毛:16回(ジェントルレーズ / ダイオードレーザー)
  • 全身脱毛:4回(ラ・フィーユ / アレキサンドライトレーザー)

新宿にあるクリニックの名称は書かないが、ヒゲ全体で1回1万円+税x16回なので合計16万円。円形の照射口を繰り返しあてていくスタイルで初回だけクリームを処方されたが使う機会はなかった。

そこは女性メインの病院だったので、出向く回数を少なくすべく全てレーザーは強め、その数日後にヒゲが落ちるため効果はあると思っていた。

せっかくヒゲ脱毛に行くならと、途中から全身脱毛も開始。

全身脱毛(1回3万円+税x4回=12万円)はヒゲと異なり滑らせるタイプで、人によっては毛が濃くなるといった説明を受けた。ヒゲよりも回数が少ないのは数週間は照射間隔を空ける必要があったから。

そして、背中にあるともしらなかった産毛が濃く長くなってしまった。

そこへ自粛期間が重なり、他のクリニックを調べ始める。TVCMが流れている有名どころもGoogleで評価をみると結構なことが書かれていて諦めるということを数ヶ月は繰り返す。

その間にヒゲも以前と変わらないレベルに戻ってしまった。指示された周期を守って16回も通ったのにと落胆した。もちろん全身の毛は産毛が逞しくなっただけで脱毛効果は感じられない。

もう気休めに光脱毛でも行こうかというところまで落ち込んでいたが、「いや、それなら」と市販のレーザー脱毛機を探した。

この選択に人生で最上級の「いいね」を贈りたい。

市販のレーザー脱毛器を選ぶには

市販の脱毛器は、過去に光脱毛タイプを購入して全く効果がなかったことから良いイメージはなかった。

しかし、医療レーザーのクリニックを調べ回ったこともあって市販品でもメーカーの方向性と出力さえ間違わなければ効果は同等だと判断。あとは照射スピードを重視して探した。

医療レーザー脱毛器の市販品は結構な数が販売されているが、出力と照射スピード、レビュー評価を見る限りトリア(公式の楽天市場の販売ページへ・レビュー数は2354件)がよかった。

それと同等または超える製品は業務用に近い大きさとなり、価格も桁が跳ね上がる。個人向けのサイズと価格で高出力と素早い照射スピードを実現しているのはトリアだけだった。

Tria Review  1

私が楽天で購入した時は2ヶ月待ちだったが、記事投稿時点でみると「1〜3営業日以内に発送」となっていた。しかも品切れで納期さえ表示されず手に入らなかったグリーンも在庫あり。

唯一の不満点を挙げればバッテリー内蔵というところだろう。

トリアを使った感想。

市販の光脱毛で失敗し、病院のレーザー脱毛も効果がなく、それどころか産毛まで活性化してしまった。

とくに毛深いといった悩みがあったわけではない。いつか来る老後や身体が不自由になったときに支援を受ける際のできることを考えたとき辿り着いた1つが脱毛だった。

それがヒゲに16万円かけて効果は薄く、全身に12万円かけて産毛を発育させるという残念な結果に。それを打破すべくトリアを購入した。

なんと、1回目から効果あり。

最初はトリアのレーザー出力が自分にあっているか不安もあり、わずかなスペースだけ照射した。

クリニックで2週間は間隔を空けるよういわれていたので2週間後にチェックしたところ、クリニックの時と変わらず毛は生えていない。

問題はここから、クリニックは3週間や4週間も経つと普通に生えてきた。

しかし、何も起こらなかったのだ。

もちろん毛根のサイクルがあるので照射部位が完全にツルツルというわけにはいかないが、1ヶ月を過ぎてもスベスベを維持している。

その後、レベルをMAXの「5」ではなく「3」にしてヒゲを照射、脱毛しにくい箇所でもあるので複数回やってみないとわからないだろう、そう思っていた。

なんと、ヒゲも1回目から効果あり。

こちらは鼻下が特に効いていて毛量が大幅に減った。3回もやるとヒゲは数えられるほどに。その一方で顎の先端付近と「もみあげ」周辺は効果が薄いように感じる。それでも病院のレーザーに比べれば雲泥の差があった。

「クリニックの30万円分より効果あるのか」

目眩がした。

それはトリアが凄いことよりも、「ヒゲは15回目あたりから効果がでる」といった病院のセールストークを信じて通っていた自分に対してだ。なぜ、いつものように疑わなかったのか。

そんなことを思いながら、発育した産毛にも照射したところ彼らはお隠れになった。

Tria Review  2
上図のように出力は「3」で使用、パッパッとスピーディーに照射できるのが良い。

レーザー脱毛や発毛の専門家ではないので詳しいことはわからないが、トリアをもってしても生えてくる毛はある。それでも皮膚科のレーザー脱毛より1回1回が確実に効いているのがわかる。

  • 病院で照射→2週間後には毛が落ちてなくなる。→3〜4週間で元どおり→次の照射へ・・・
  • トリアで照射→いつのまにか毛が少なくなっている。→1ヶ月を経過しても生えてこない毛が多い

また、クリニックのレーザー脱毛で何回かアテローム(粉瘤・ふんりゅう)が出来たが、トリアでは1つだけ。これはクリニックに強めの照射を希望していたこと、トリアは単純に出力が弱いことが原因だろう。

クリニックの担当者は「出力を下げても効果ありますよ。」といっていたが、トリアで証明された。

また、トリアは小さくケーブルもないので「VIO」にも対応できるだろう。男性の「VIO」に対応するクリニックは少なく、かつ女性に比べて料金が高い。あられもない格好をしながら10回や20回も通える自信がなかったのでトリアの可能性に期待している。

そうそう、16回の医療レーザー後だからトリアでも効果があったという意見があるかもしれない。ヒゲだけなら可能性はあると思うが、まだ始めたばかりの全身でも同様の結果があったのだ。未熟なセルフ照射で水玉模様に生えた毛をみるたびに記事を書かねばと思っていた。
数ヶ月が経過しても生えてこないことを確認してから記事を書いている。

他の市販されているレーザー脱毛器を試していないので、もしかするとコストパフォーマンスの優れた製品や効果の高い製品があるかもしれない。よい機器があればSNSなどでシェアしてほしい。

今回、私はトラブル時の対応を考えて楽天のトリア公式ショップで購入したが、アマゾンのマーケットプレイスでは17000円ほど安く販売されていた。

女性の永久脱毛は低価格化がすすんでいて、男性は受付が始まったばかりのような状況で安くはない。個人的にトリアは革命的なアイテムだと思う。トリアのような市販品の利用者が増えて様々なモデルが登場することが願わしい。

→楽天のトリア販売ページ(公式ショップ)へ/アマゾン販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

コンセント直差し無線ルーター「WN-DX1300GRN」購入レビュー

コンセント周りを一掃できたらと固定電話を解約し、FAXをオンライン化し

プロも使うメトロノーム・アプリ「Smart Metronome & Tuner」を購入した話。

はじめは安くても定価1万円以上の伝統ある木製メトロノームを購入するつも

サンワ、iPad/Android対応のUSB-Cマウス「MA-BLC194BK」発売

サンワサプライは4月15日、USB Type-Cコネクタを搭載した、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑