iPhone 14 miniは投入せず、iPhone SE 第3世代は5G対応か(日経アジア)

公開日: : Apple

NIKKEI ASISは2021年7月21日、来年リリースされるiPhoneシリーズは全て5G通信に対応し4Gモデルを終了、それに伴い低価格なiPhone SEも5Gモデルになると伝えている。

また、iPhone miniのアップデート版は投入されないと報じた。

次のiPhoneについての話。

NIKKEI ASIAはAppleに詳しい情報筋からの話として、5G版iPhone SEは2022年前半リリース予定で5GモデムはiPhone 13シリーズと同じQualcommのX60チップを搭載するだろうと伝えた。

その一方で、5.4インチiPhone 12 miniは需要が予想を下回り、2021年上半期に生産数の削減を注文したほか、昨年に比べてminiモデルの生産スケジュール自体も縮小しているという。

そして、iPhone 14 miniの代わりにiPhone Pro Maxの廉価版を投入する計画がほぼ決まっているものの、来年の4モデルに関して詳細仕様は決定されていないと続けた。

他にはAirPods(第3世代)が2021年8月より量産開始するとも伝えている。

IPhone12 leak price 20200509

Source:NIKKEI ASIA

よく一緒に閲覧される記事

EUが2023年にも「USB-C」統一へ、Lightningやマグネット充電は終了か(Appleの主張)

日本経済新聞は2021年9月23日、欧州連合(EU)の欧州委員会がスマ

第6世代iPad miniはイヤホンジャック非搭載と判明、第9世代iPadの価値

Appleが先日リリースした新しいiPad miniについて、海外で「

アップルがiPhone 12など一斉に値下げ、新旧の価格差とは

Appleが最新スマートフォン「iPhone 13」シリーズ発表にとも

→もっと見る

PAGE TOP ↑