Echoシリーズの7機種が値下げ、4機種が過去最安に | 全期間の底値チェック

アマゾンジャパンが開催中のブラックフライデーにおいて、同社のスマートスピーカー「Echo」シリーズの7機種が最大70%OFFのセールを実施している。

最安値はEcho Dotの70%OFFで価格は通常4,980円→特価1,490円だが、過去最安となった4製品には含まれない。

この記事ではアマゾン価格追跡ツールの情報と比較、底値チェックをしていく。

Echoシリーズの7製品が特価セール中

Echo Dotの底値チェック

今回のEchoシリーズのセールで宣伝に名前が使われている「Echo Dot」をみてみよう。

ここ2年間の記録をみると最安値は2021年6月21日のタイムセール祭りで1,480円。
そのため、今回のEcho Dotの70%OFF=1,490円は過去最安ではない。

レビュー数は39,534件、質問も594件あるので購入前の情報集は最新レビューだけに絞ったほうが現状を把握しやすいだろう。

第3世代Echo Dotの販売ページ

Echo Show 5 第2世代の底値チェック。

ブラックフライデーにより通常8,980円が56%OFF=3,990円となった。

発売されてからの全期間(199日)を振り返ると過去最安は2021年9月25日〜27日の5,980円。次いで2021年8月17日〜19日の6,980円が安く、それ以外は通常価格で販売されている。

そのため、今回の3,980円は底値を2,000円も下げた大幅値下げ、過去最安となる。

Echo Show 5 第2世代の販売ページ

Echo Show 8 第2世代の底値チェク。

通常価格14,980円のところブラックフライデー特価で53%OFF=6,990円となった。

先程のEcho Show 5と同じ発売日のため全期間(199日)を通しても同じタイミングで2回の値下げが行われ、底値は9月セール時=9,980円、8月セール時=11,490円。

そのため、こちらも底値を3000円更新の6,990円で過去最安に。

Echo Show 8 第2世代の販売ページ

Echo Dot (エコードット) 第4世代の3製品を底値チェック。

第4世代は3製品に分かれているため、はじめに時計などがついていない純粋なモデルをみてみよう。

Echo Dot第4世代の通常モデルは、通常5,980円のところBFセールで50%OFF=2,980円。
過去最安は2021年6月=1,980円なので底値ではなく、どちらかという高めだ。

Echo Dot第4世代(通常モデル)の販売ページ

次に時計付きEcho Dot第4世代は、通常6,980円のところBFセールで43%OFF=3,980円に。
これまでの底値は4,980円で過去に4回ほどあった。
そのため、今回の3,980円は底値を1,000円も更新した過去最安となる。

それをユーザーもわかっているようで既に在庫切れで12月9日の入荷予定となっていた。

Echo Dot第4世代(時計付き)の販売ページ

最後の3つめはプレミアムサウンドモデルで、通常11,980円がBFセールで50%OFF=5,990円に。
これまでの底値は2021年6月21日の5,980円と同額なため、今回も過去最安と言えそうだ。

Echo Dot第4世代(プレミアムサウンド)の販売ページ

Echo Show 10 (エコーショー10) 第3世代の底値チェック。

最後の値下げアイテムEcho Show 10は通常29,980円がBFセールで37%OFF=18,990円に。
これまでの底値は2021年6月21日の16,980円のため、過去最安ではない。

Echo Show 10 (エコーショー10) 第3世代の販売ページ

EchoDot4 time
画像:今回のセールで唯一、在庫切れとなったEcho Dot 第4世代の時計モデル。

上記の底値チェックを振り返ると2021年6月に開催されたプライムデーの強さを改めて知ることができた。
そして、そのプライムデーを超える過去最安を叩き出したブラックフライデーもまた一大セールと言えそうだ。

→各社のブラックフライデー情報は記事一覧より確認できる。

よく一緒に閲覧される記事

最安タブレット「Fire 7」は買いか、2022年1月時点の評価

私がタブレットのブログを書いていることを知らない知人に偶然「Fire

(初売り目玉商品)Fire HD 10 Plusが6,000円OFFに、過去セールと価格比較

アマゾンジャパンは1月3日午前9時より毎年恒例の新春初売りセールを開始

Fire TVシリーズが2,980円〜、全3モデルが特価に(過去セールと比較)

アマゾンジャパンが液晶モニターなどをスマートテレビ化(チューナーレスT

→もっと見る

PAGE TOP ↑