SwitchBot、ロボット掃除機「S1」「S1 Plus」の予約スタート

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

SWITCHBOT株式会社(東京都目黒区)は6月6日、レーザーセンサー高精度マッピング機能を搭載したロボット掃除機「SwitchBot S1」と自動ごみ収集ベースをセットにした上位モデル「SwitchBot S1 Plus」の予約販売を同日より開始した。

Amazon.co.jpでは予約注文の受付を行なっているほか、SwitchBot公式サイトと家電量販店でも順次発売予定としている。

ロボット掃除機「SwitchBot S1」シリーズが予約開始。

SwitchBot株式会社は2016年創業でスマートホームデバイスの企画、製造、販売を行うスマートホームブランドとして、アームにより物理スイッチを操作する「SwitchBotボット」や既存のカーテンを簡単にスマートにアップグレードする「SwitchBotカーテン」など特色ある製品をリリースしてきている。

今回販売を開始するのは、AIレベルの正確なマップ構築技術を備えたロボット掃除機。

SwitchBotはリーズナブルな価格帯を目指したとして10万円を超えるロボット掃除機が多い中、低コストながらLDSレーザーセンサーによる最適なマッピングと効率的な掃除機能の両立、販売価格をS1は39,800円、S1 Plusでは69,800円を実現している。

S1 シリーズの特徴は次のようになっている。

  1. LDSレーザーセンサーでお掃除最適化!人間が見落としがちな死角もバッチリ
  2. 21種類の高精度センサーで住人よりもお部屋を熟知
  3. 水タンク搭載!「吸引+水拭き」もワンステップのハイブリッド設計
  4. S1 Plusは自動ゴミ収集ベース付き!ゴミ捨ては70日に1度でOK
  5. 超高性能エアフィルターで99%のハウスダストを捕集し衛生的な環境を構築
  6. 大容量リチウムバッテリー搭載!1回の充電で最大250分稼働
  7. コンパニオンアプリで掃除エリアや掃除時間、掃除内容を指定
  8. シーン設定で毎日のルーティンを自動化
  9. スマートスピーカー対応!話しかけるだけでお部屋がピカピカに

次に製品仕様は以下のとおり。

 S1 S1 Plus
販売価格(税込)     39,800円       69,800円
消費電力30W30W(本体)
950W(自動ゴミ収集ベース)
サイズ340*340*95mm340*340*95mm(本体)
220*180*380(自動ゴミ収集ベース)
重量約3.06kg約3.06kg(本体)
3.65kg(自動ゴミ収集ベース)
吸引力最大2700Pa最大2700Pa
バッテリー容量/持続時間3200mAh/
静音モード : 140分間
標準モード : 110分間
パワーモード : 90分間
MAXモード : 70分間
5000mAh/
静音モード : 250分間
標準モード : 210分間
パワーモード : 140分間
MAXモード : 110分間
ダストボックス容量360ML350ML
水タンク容量340ML300ML
パッケージ内容メインユニット
充電ステーション
ACアダプター
サイドブラシ×2
モップ取付ブラケット
モップ
小型メンテナンスツール
防水シート
取扱説明書
メインユニット
自動ゴミ収集ベース
ACアダプター
サイドブラシ×2
モップ
取付ブラケット モップ
ダストバッグ×3
小型メンテナンスツール
防水シート
取扱説明書
.

サポート体制については、購入日から2年間、無料で修理・交換を行う。サポートセンターは国内設置、年中無休としている。

→ロボット掃除機の単体モデル「S1」(定価39800円)のアマゾン販売ページ

→自動ゴミ収集ベースがセットの「S1 Plus」(定価69800円)のアマゾン販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑