iPhone 14シリーズは13より約15%値上げか、アナリスト予測から日本価格を考える

公開日: : Apple ,

AppleアナリストのMing-Chi Kuo氏が、Appleの最新スマートフォン「iPhone 14 Pro」モデルが現行のiPhone 13 Proよりも高価になると主張、さらに4つあるiPhone 14シリーズにおける平均販売価格は約15%上昇すると述べている。

記事内では主に米国の価格となっているため、日本のAppleストア価格でも記録していく。

iPhone 14シリーズで約15%値下げの可能性。

Kuo氏の最新レポートについて、海外メディアではiPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxは追加される料金分だけストレージ容量が増えている可能性があると伝えている。

台湾のリサーチ会社”TrendForce”によればiPhone 13 Proモデルの最小構成128GBに比べて、iPhone 14 Proモデルは256GBからスタートすると予測。これについては予測の域を出ないともしている。

MacRumorsは米国でのiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max販売価格が容量128Gから始まり999ドルと1,099ドルであることに触れ、次の容量256GBでは1099ドルと1199ドルと約10%増額になることから、iPhone 14 Proシリーズは999ドルと1,099ドルから販売される可能性があると伝えた。

しかし、Kuo氏は平均販売価格が約15%上昇するとしている。

その他にiPhone 14 Proモデルで料金が追加される理由としては、より高速な「A16チップ」やノッチから変更される「パンチホールカメラ」、8K動画撮影に対応する48MPのリアカメラ、AF対応のフロントカメラ、より高速なRAM、ロック画面の時刻・日付・ウィジェット対応、バッテリーのパーセント常時表示などのアップグレートが挙げられている。

最近のリークによればiPhone 14の最小構成価格は799ドルを維持するとも言われている。

日本のiPhone 13 Proシリーズ販売価格をチェック。

日本のAppleストアにおける2022年8月11日時点の販売価格は次のようになっていた。

  • iPhone 13 Pro(128GBモデル) : 144,800円
  • iPhone 13 Pro(256GBモデル) : 159,800円
  • iPhone 13 Pro(512GBモデル) : 189,800円
  • iPhone 13 Pro(1TBモデル) : 219,800円
     
  • iPhone 13 Pro Max(128GBモデル) : 159,800円
  • iPhone 13 Pro Max(128GBモデル) : 174,800円
  • iPhone 13 Pro Max(512GBモデル) : 204,800円
  • iPhone 13 Pro Max(1TBモデル) : 234,800円
     
  • iPhone 13(128GBモデル) : 99,800円

上記価格を見ると、iPhone 14は10万円以下で購入できる可能性がある。

今回の情報からiPhone 14 Proシリーズの日本における最小構成価格は16万円と17.5万円となり、1つ上の容量にすると512GBモデルの価格である19万円と20.5万円に、1TBモデルに至っては22万円と23.5万円以上になるかもしれない。

Appleストアでは分割払いにも対応しているため、iPhone 14 Proの最小構成256GB=159,800円であれば36回払い月4,438円となる。

しかし、3年間も支払い続けるなら大手通信会社が家電量販店で展開している格安セールや買い替え支援プランを利用した方が月間20GBデータ通信などがセットとなり安く済みそうだ。

Appleは例年9月にiPhoneを発表しており、発表イベントへ向けて更なるリークが予想される。

Source : MacRumors / Apple iPhoneページより

よく一緒に閲覧される記事

iPad mini / Apple Watchが最大27%OFFに、Amazonタイムセール祭りで特集セール中

アマゾンジャパン合同会社が9月24日より開催しているAmaz

Appleがアプリ値上げを発表、App Storeで120円は160円に

Appleは米国時間2022年9月19日、日本を含めた世界各

iPhone 14 Plusが苦戦、売れなかったiPhone 13 mini 以下の予約数に

AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏いわく、iP

→もっと見る

PAGE TOP ↑